音楽業界サイト、Musicamn-NETインタビュー

「Creators Camp in 真鶴」クリエイター座談会
浅田祐介、伊藤 涼、TAKUYA、渡部高士、岩田アッチュ

ハッカソンとコーライティングで “音楽 × テクノロジー” を濃密に体感する3days合宿

Creators Camp in 真鶴
Creators Camp in 真鶴
伊藤 涼、浅田祐介、TAKUYA、岩田アッチュ、渡部高士、山口哲一(司会)L to R

 9月25日、26日、27日に、神奈川県の真鶴町にて、音楽ハッカソンとコーライティングのイベント「Creators Camp in 真鶴」が開催される。音楽とテクノロジーの関係は日々深まり続け、音楽クリエイティブも共作により加速度的にクオリティが高まっている昨今のシーンを象徴するエッジの効いたイベントだ。今回は各方面で活躍するクリエイター/音楽家の方々に座談会という形で集まって頂き、開催を一ヶ月後に控えたこのイベントについて、また最近の音楽産業を取り巻く状況にいたるまで存分に語っていただいた。
>>座談会出演者 各PROFILE
(JiRO HONDA)
座談会実施会場:朝日新聞メディアラボ渋谷
2015年8月21日掲載

もっとアーティストに寄った音楽ハッカソンを

山口:エンタメ系のスタートアップ、起業志望者を対象としたSTART ME UP AWARDSを昨年始めました。その時に、同時開催した「Musician's Hackathon
2014
」を発展させて、作曲家が3人一組で0からデモを完成させる「Co-Writing Session」も併催して、「Creators Camp in 真鶴」という形で開催する予定です。

それに向けて、今日は日本を代表するクリエイターの皆様にお集りいただき、前回の感想や真鶴に向けての抱負、さらに今の時代の音楽の在り方、テクノロジーとの関係などのお話もお伺いできればと思います。

まず、昨年に続いてハッカソンのキャプテンの浅田祐介さんから、Musician's Hacka
thonの経緯をお願いします。

浅田:もともと楽譜が読めなかった、楽器が弾けなかった僕が、なぜ音楽を作ることができたかというと、まさにコンピューターやシーケンサーといったテクノロジーのおかげだったんですね。テクノロジーと芸術は、相反するようでいて実はずっと共に進化を続けてきたという流れを、個人的にすごく実感してきました。

だから、音楽とテクノロジーが融合する音楽ハッカソンはさらに盛り上がるべきだと思うし、もっとアーティストに寄った音楽ハッカソンがあったらいいなというのが、このMusician's Hackathonを構想したきっかけでしたね。

山口:アッチュさんは昨年のMusician's Hackathonに参加して、最優秀賞を獲得しましたが、参加してみていかがでしたか?

「Creators Camp in 真鶴」座談会 岩田アッチュ
 ▲岩田アッチュ
岩田:最初は、尊敬する浅田さんからのお誘いということだけで参加したので、正直何をするイベントなのかよくわかっていませんでした(笑)。

曲でさえもメンバー以外と作ることはなかったので、普段なかなか出会う機会の無いITのフィールドにいる技術者やプログラマーのみなさんと一晩で何かを創り上げるという作業はとても刺激的でしたね。参加してすごく良かったです。

山口:アッチュさんは発想が柔軟でしたよね?

岩田:でも参加している間は本当に不安でしたよ。みんな初対面でしたし、そういう状況でチームを作るというのもけっこう驚きの体験でしたし。私は曲を作ることしかできないので、自分に何ができるのかを一生懸命考えて渡部さんのアイデアに乗せていったんですけど、閃きや自己主張もかなり必要とされましたね。


「プログラマーって最高!」

山口:アッチュさん、渡部さんのチーム「日本パーティ党」が作った作品「Music Dance」がメディアアートの展覧会「神戸ビエンナーレ」のアートインコンテナ国際コンペティションで入賞したんですよね。 そこまでの展開は、言い出しっぺの僕らも想像していませんでした(笑)。

渡部:確かその去年のMusician's Hackathonの現場で、山口さんが「今日はメディアアートの発表会みたいだね」って仰ったんですよ。それで、「確かにそうだな」と思ったので、何かしらのメディア芸術祭に応募しようということで、ちょうど受け付けていた「神戸ビエンナーレ」に応募したら入賞してしまったという(笑)。

山口:メディアアートだなと思ったのは覚えています。改めてMusic Danceについてご説明いただけますか?

「Creators Camp in 真鶴」座談会 渡部高士
 ▲渡部高士
渡部:身体を動かすと、テンポと激しさが検出されて、それにマッチした音楽が流れるというのがMusic Danceです。風営法で客を無許可で踊らせてはいけないというのがありますよね。

それで、改めて「踊る」ということを調べたら、「音に対して体を動かすこと」ということだったんです。じゃあ、体を動かすことに対して音が出るんだったらOKだろうという、ちょっとした風刺も込めていて(笑)。

一同:(笑)

渡部:制作の時、チームのプログラマーの片岡君はすごかったですよ。ものすごいスピードでプログラミングをする人で。彼はとにかくデバックをしないんですよ。変数は必ずコピペで入力するし。

まず、「これから○○を作ります」って宣言するんですよ。1時間半でそれを作って動かしてみたらもう画面に出てるんですよ。そんな調子でどんどん作っていましたね。

「日本パーティー党」が作った作品「Music Dance」
Music Dance by 日本パーティ党

山口:前回の表彰式でアッチュさんが「プログラマーって最高!」って言ったのは名言でした。

岩田:初めはアルファベットと数字の羅列で音が出るとは思えなかったんですよ。途中までは半信半疑でした。

山口:信じてなかったんだ(笑)。

岩田:プログラミングについては全く分からないので、多分できないんだろうなと思ってたんです。でも次の日になったらちゃんと動いてて、ビックリして謝りました(笑)。