SPECIAL REPORT & INTERVIEW

途切れた音楽の、大事なノウハウを伝えなければいけない
“絶対作品主義”を掲げる第三の学校「音学校」が今秋開講
牧村憲一氏(「音学校」校長/音楽プロデューサー)×手島将彦氏(ミューズ音楽院)対談インタビュー

 牧村憲一 手島将彦
左から手島氏、牧村氏
「音学校」校長/音楽プロデューサー
牧村憲一(まきむら・けんいち)
ミューズ音楽院
手島将彦(てしま・まさひこ)
 これまでに竹内まりや、大貫妙子やフリッパーズ・ギターといったアーティストを輩出し、フリーランスプロデューサーの先駆けとして名高い牧村憲一氏が主宰する「音学校(おんがっこう)」が今年10月から東京・代々木のミューズ音楽院を会場にして開講される(第一期は10月11日開講)。
 牧村氏の50年にもわたる音楽プロデュースのノウハウを基軸にしながら、特任講師として数々のロック、ポップスに携わるプロデューサー/ミュージシャンのゴンドウトモヒコ氏を招き、受講生と音を作ることから届けることまでを通し、今のミュージシャンにとって必要なスキルを手にすることができるという「音楽制作実践ゼミ」、第一線で活躍するスタッフを招きながら、音楽を届けるために必要不可欠な知識を得ることができる「音楽制作基礎講座」の2つのコースが設けられ、受動的になりがちな従来の音楽セミナーとは一線を画し、音楽に関わるすべての人へ向けられた力強い試みとなっている。
 今回は牧村氏に加えて、音学校をサポートするミューズ音楽院の手島氏にも同席していただき、音学校をスタートさせる経緯や概要だけでなく、そこへかける熱き想いをじっくりと伺った。

少しずつ音楽が変わるように、教えることも変わっていかないといけない

—— まずは牧村さんがこういった試みを始めることに驚いたのですが、どういったキッカケがあったんでしょうか?

牧村:まず、音学校へいたる前提からお話させていただきますが、最初はフリーの立場で、その後はレコード会社の人間として音楽制作の道をずっと歩んできました。それで、レコード会社を退職後、昭和音楽大学からお声がかかり、講座を持つようになったんです。1年目は1科目だったのが、翌年は2科目になり、翌々年は4科目になり、週のうち3日間も教壇に立つようになった。そんなことをやっていると、教えるということのたいへんさや重要さを思い知ってきたんですね。もちろん、ベーシックなスキルもあるけれど、少しずつ音楽が変わるように、教えることも変わっていかないといけない。

—— 単純に知っていることを教えるだけでは対応できないということですね。

牧村:ちょっとズルい方法としては、長年使用してきたノートを受講生に写しておけっていうのがあるんだろうけど、それでは「学校」として最低ですから。いろんな講座をしていくうちに、最後には教えている側の自分に勉強の浅さばっかりがわかってきて、その至らなさに心が悲鳴を上げる。そんなとき、今はSNSがありますから、TwitterやFacebookで「ここをもう少し突っ込んでやりたいけど知識量が足りなくて唸ってます」と正直に書くんですよ。そうしたら、「この本がオススメですよ!」みたいな返信が飛んでくる。そうやって、自分の足りないところを補ってくれる人がいたりして。結局、僕はたくさんの人に教えながら、たくさんの人から山のように学んでいったんですよね。そして、その学びをまた受講生に還元するんです。

—— まさに「教えることは二度学ぶ」という。

牧村:時を同じくして、坂本龍一さんが『commmons:schola(コモンズ:スコラ)』という音楽百科全集を出し始めた。これは21世紀で初めての音楽百科全集なんですね。非常に興味深い、坂本龍一という人の脳を通って出てくる新しい音楽の解説。そのうち、NHK ETVで『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』というテレビ番組シリーズも始まり、周りでざわめきが起こりました。テレビ番組の『スコラ』のファースト・シーズンが終わったときに、僕のスコラは何であるかと思った。学生を6年間も教えてきて、自分でも学んできて、このまま閉じていいのかと考えたんですよね。これが昨年までの話です。

—— 今年に入ってから、また何かキッカケが?

牧村憲一牧村:実はゴンドウさんから「自分でレーベルを立ち上げるのでアドバイスを欲しい」という連絡をもらったんですよ。で、話を聞いてみたら、ゴンドウさんには失礼なんだけど、僕らが持ってる知識と剥離があるなと感じたんです。どういうことかと言うと、もっと若い頃のゴンドウさんたちが頑張ってるときは、CDがガンガン売れて、彼自身は売るということにはあんまり大きな苦労をしていない。もっと言えば、レコード会社等から個人のプロデューサーには「こんなのじゃダメですよ」っていうのがなくて、音楽業界の腕力で数字だけが伸びていってしまった。その前の人たち、言わば坂本龍一さん、細野晴臣さん、山下達郎さんや竹内まりやさんたちのデビューの時代は音楽そのものの力を産み出すことから凄く苦労してるんですよ。

—— 過ごしてきた状況がそんなにも違うんですか?

牧村:彼らは日本の音楽のいいことも悪いことも体験してるから、自分がプロデューサーみたいな立場になったときにどこに目や耳を向けることが大事なのかがわかってるけど、音楽業界不況と言われるようになって、ミュージシャンやプロデューサーからその感覚が途切れちゃってるんです。これはマズいと。敢えてゴンドウさんみたいな40代の人でさえもそうだと僕は言います。音楽的力量は凄く高いのに、彼らを慕ってる若い世代をレーベルのプロデューサーとして引っ張っていくノウハウがあるのかとなったとき、申し訳ないけれど「それは学んでない」と思ったんです。

—— 抜け落ちてしまったところを埋めたいと感じたと。

牧村:まさにそうで、途切れちゃった20年、あるいは20年前まで蓄積してきた大事なノウハウを伝えなきゃいけない。そう強く感じたんですよね。そして、もうひとつ重要だったことがありまして。そんな折、自分の教え子たちから、「こういうのを作ってるんですけど、どうでしょう?」とか「デモテープを聴いて何かアドバイスをください」みたいなメッセージがFacebookで飛んでくるようになって。みんな頑張ってて、自力や友達の助けで一歩目と二歩目まではいけるんですけど、三歩目は大人の知恵というか、プロの知恵が必要になってくるんです。で、最初は夜中でもせっせと返事を書いてたんですけど、体力が足りなくて(笑)。

—— 6年間も教壇に立ってたわけですから、教え子の数も相当でしょうし。

牧村:そういったこととゴンドウさんのレーベルの話が頭の中でバーンっとくっつきましたね。「教室と音楽レーベル」・・・二層構造を持つ学校という形態がいいんじゃないかと。その二層構造を説明すると、ひとつはこれから音楽業界を引っ張っていく人たちに来てもらって、僕らが持ってるノウハウを譲り渡していきたい。もうひとつは、第一線で活躍をしているゴンドウさんを慕ってくるような世代の人たちに対して、ゴンドウさんたちがこういう学校の場で教えていく。僕自身が“教えることによって、教えられた”ように、ゴンドウさんたちの世代も教えられる、伝えられるようになるだろうと。これが極めて重要じゃないかと考えたんですよ。

—— 現在、牧村さんと受講生の中心になる世代の中間、まさに音楽業界で活躍する40代の方が参加するのも重要なポイントなんですよね。

牧村:さっきの教え子の相談を受けるときも、僕の言うことは正しくもあり、正しくもなしでしょ?最終的に判断するのは自分自身です。だから、ちゃんとスキルの差は埋めた方がいい。年齢差の持つギャップというのは埋めようがないから、ちゃんと通訳になるスキルを持ったプロデューサーを入れることが必要なんですよね。