FOCUS

メディアからライブハウス運営まで ロックを軸に独自展開
— 慎重かつスピード感をもって、唯一無二を目指す —
激ロックエンタテインメント代表 村岡俊介氏

激ロックエンタテインメント代表 村岡俊介
激ロックエンタテインメント株式会社 代表取締役
村岡俊介

 ロックをメインとした音楽WEBメディア「激ロック」「Skream!」を運営する激ロックエンタテインメントが、2015年6月に下北沢にてライブハウス「LIVEHOLIC」をオープンする。DJイベントからはじまり、フリーマガジン、WEBメディア、Music Bar、アパレル等々、次々に事業展開を進め、音楽シーンでオリジナルな存在感を放ち続ける激ロック。代表の村岡氏にその背景を伺ってみると、リスナーに寄り添い、しっかりと現場経験に裏付けされた丁寧かつ大胆な経営スタイルが垣間見えてきた。
(Jiro Honda)

2015年4月22日掲載
PROFILE
村岡俊介(むらおか・しゅんすけ)

1999年、大阪にてDJイベントをスタート。2007年5月、激ロックエンタテインメント(株)設立、2010年同社代表就任。DJ・ライブイベントをはじめ、フリーマガジン、WEBサイト、Music Bar、アパレル、ライブハウス等々、ロックを中心とした音楽に特化し、幅広く展開している。
激ロックエンタテインメント(コーポレートサイト)
激ロック
Skream!
GEKIROCK CLOTHING
MUSIC BAR ROCKAHOLIC
下北沢 ライヴハウス LIVEHOLIC

ライブハウス展開 自然な流れで

—— 今回、激ロックがライブハウスの運営を手がけることになった経緯というのは?

村岡:現在、激ロックでは事業の一つとして渋谷でMUSIC BAR「ROCKAHOLIC」を運営しているのですが、その2号店を下北沢に出店しようということで、以前から物件を探していたんです。やはり下北沢は、渋谷と同様に音楽の街ですし、個人的にも思い入れのあるところなので。それである時、ライブハウス下北沢屋根裏さんが入られているビルで空きが出たので内見しようということになったんですけど、実はフロアが2つ空いてると。会社の事業としてライブハウスの運営というのは、立体的にロックシーンを形成していくという意味で遠い将来の事業としては考えてはいたんですが、僕の中でそこまで優先順位が高いものではなかったんです。でも、スペースもあることだし立地も良くて、「バンドマンに愛されるライブハウスとMUSIC BARが上下階で繋がっていたら最高だよね」ということで本格的にライブハウス事業に取り組みはじめました。

—— とすると、最初からライブハウスをやろうとして物件を探していた訳ではないんですね。

村岡:もともと、僕は会社を経営するにおいて長期的にガチガチの計画を立てるタイプではないんですね。音楽シーンは本当に動きが早いですから、その中で展開するにおいてMUSIC BARもロックのアパレルショップ「GEKIROCK CLOTHING」も、やろうと思い立って実際にオープンするまで半年もかかっていないんです。そんなスピード感で展開しているので、今回のライブハウスに関しても、いつもの僕の事業スタンスに添ったカタチで進んでいると思います。とは言っても、もちろん行き当たりばったりでやっているわけでは無く、いい素材を手に入れたときに、最善の方法でスピード感をもって一番良いカタチに仕上げるという、むしろ最も得意なことをやっている感じですね。

—— 音楽WEBメディアがライブハウスを手がけるというのは珍しいことですよね。

村岡:「メディアとしてライブハウスへ進出」という意識は、実はあまり無いんです。僕は以前、精密医療機器の営業という音楽とは全く関係のない仕事を10年以上していたんですけど、まだその仕事をしている時の1999年に、趣味として友人達と大阪で始めたDJイベントが「激ロック」だったんです。そのうちイベントの数も規模も段々大きくなるにつれて、イベントのフライヤーにも色々な情報を載せるようになったんですね。レーベルの方にご協力いただいて、アーティストのインタビューを掲載したりとか。それが発展してフリーペーパーという形になりました。同様にイベントのホームページが発展して、WEBメディアになりました。なので、根本にイベントがあって、そこからロックにまつわる色々なことを行ってきたので、「メディアとしての戦略」とか、特にそういうコンセプトがある訳ではないですね。

—— ビジネス的というよりは自然な流れだと。

村岡:フリーペーパーやWEBメディアの時も、収益をあげようとして始めた訳ではなくて、シーンを盛り上げる為にコツコツやっていたら情報が蓄積されて、気が付いたら収益の見込める媒体に育っていたという流れです。







特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第68回 ジョブズの師、知野弘文〜スティーブ・ジョブズ(20) <4/19 更新!>

【後半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦
【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン【後半】インターネットの恩恵を受けたアーテ…

【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン
2015年に世界の音楽産業で史上初めてデジタルの売上がフィジカルを上回り、ライブ市場が急拡大するなど…

「ヒット」を再定義して音楽の未来を描く『ヒットの崩壊』著者 柴 那典氏インタビュー
音楽ジャーナリスト・柴那典氏による著書『ヒットの崩壊』が発売された。CD時代の終焉が迫り、オリコンラ…

独立系レーベルの楽曲をメジャーと同等の条件で世界に配信 デジタル・ライツ・エージェンシー「マーリン」インタビュー
世界中の独立系レーベルのデジタル権利を支援する団体マーリンの日本オフィスであるマーリンジャパン…

「歌詞を味わう」体験をアップデートする 〜歌詞が浮き出る革新的スピーカー『Lyric speaker』インタビュー
音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカー『Lyric speaker』が各所から注目を集めて…

「音楽オタク」としてファンの望む音楽映像を届け続ける WOWOW 取締役コンテンツ本部長 山下浩志郎氏インタビュー
開局当初よりビックアーティストからマニアックなアーティストまで、硬軟入り交じった番組プログラムで、音…

【後半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー スタジオ・ミュージシャンの生演奏の素晴らしさを伝えたい 梶田昌史
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

【前半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー「熱い音楽をどうやって作っていくか」川瀬泰雄×吉田格
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

日本人として世界で戦うハイブリット企業 ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談
STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム…

世界のトップ・アーティストが指名するマスタリング・エンジニア ー メトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスに会ってきた
過去25年間におよぶマスタリング・エンジニアとしての経験とノウハウを持って、無名の新人からトップ・ア…

【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田…

過去最大規模の650社が出展「第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO」「第4回 イベント総合 EXPO」今年の見所は 過去最大規模の650社が出展「第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO」「第4回 イベント総合 EXPO」今年の見所は
イベントに関する演出機材やグッズ、各種サービスが一堂に集まる日本最大級の見本市「第4回 ライブ・エン…

1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」 1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」
楽天が2016年8月に提供を開始した定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」。サービス開…

「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース 「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース
誰でも簡単にグループ・イベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリ「ピーテ…

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大 利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大
CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに…

インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー
2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」が11月に1,000万ダウンロードを…

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催 日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催
ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MU…

【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」 【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
10月24日〜26日にかけて開催された、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東…

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催 新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催
ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016…

【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー 【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー
8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモ…

多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催 多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催
日本音楽の海外進出を目的とした「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」が1…

ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性 ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性
IT、デジタル化の波は、音楽、エンターテイメントにも訪れている。新しい時代に対応した人材を育成するこ…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像