JASRAC菅原氏がニコ生でカラオケに関する音楽著作権講座を実施

株式会社ニワンゴが運営する「ニコニコ動画(9)」の「ニコニコ生放送」では、一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)常務理事の菅原瑞夫氏を招き、7月30日(金)19時より「音楽著作権講座 カラオケ配信編」の生放送を実施する。

この番組では、JASRAC常務理事の菅原氏が出演し、カラオケにまつわる音楽著作権について説明。メジャー曲などのJASRAC管理楽曲のカラオケ配信はもちろん、ニコニコユーザー御用達の、通信カラオケ・JOYSOUNDで配信されているJASRAC非管理楽曲についても、JOYSOUNDを運営するエクシングにどんな契約でカラオケ配信されているのかを質問していく。

ユーザークリエイター代表は、ボカロPとして活躍中のデッドボールP氏。その他、エクシング 栗田秀樹氏、向谷 実氏、ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント 代表 甲斐顕一氏も出演する。なお、司会はひろゆき氏が担当する。

番組では、ユーザーからも意見や質問を募集。質問用メールアドレス等はニコニコ生放送ページ(http://live.nicovideo.jp/)まで。

■生放送番組概要
【番組名】音楽著作権講座 カラオケ配信編
【日時】7月30日(金)19時開演
【出演者】
 菅原 瑞夫(一般社団法人日本音楽著作権協会 常務理事)
 栗田 秀樹(株式会社エクシング 経営企画本部 編成企画部部長)
 向谷 実(ミュージシャン・株式会社音楽館 代表取締役)
 デッドボールP(ユーザークリエイター代表)
 甲斐 顕一(株式会社ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント 代表取締役)
 ひろゆき(ニワンゴ取締役)
【料金】無料
【URL】http://live.nicovideo.jp/gate/lv22568501


【関連記事】
JASRAC、著作権使用料徴収額が過去最大の下げ幅
ニコ動とJASRACが海外楽曲の利用許諾について締結合意へ
JASRAC・菅原瑞夫常務理事がニコニコ生放送に出演

この記事のURL:
情報の提供元 一般社団法人 日本音楽著作権協会 広報部
Musicman20号掲載ページ 音楽関連団体(P.337)
○参照リンク
JASRAC