ドコモとスペースマーケットが、仲間とレンタルスペースでスポーツやライブを楽しむ新しい体験型サービスに向け協業を推進

2019年2月6日 16:25
ドコモとスペースマーケットが協業を推進

NTTドコモ(以下、ドコモ)は、レンタルスペースにおける新しいエンターテイメント体験の創出に向けて、NTTドコモ・ベンチャーズ(以下、NDV)を通じて、スペースマーケットに2018年12月27日に出資した。

スペースマーケットは、個人宅、会社、公共スペース、飲食店、お寺といった様々な遊休スペースを1時間単位で貸し借りできるプラットフォームを運営し、全国で1万件を超えるスペースを掲載している。

両社は今後、ドコモが配信するスポーツやライブ映像などのエンターテイメントコンテンツを、スペースマーケットの運営するレンタルスペースで親しい仲間と共に楽しむ新しい体験型サービスの商用提供を目指していく。

本協業は、現地会場や自宅以外でエンターテイメントコンテンツを仲間と楽しむだけでなく、チケットに落選したり、ライブ会場へ行くことができない場合も視聴機会を提供可能にするプライベートビューイングという新しいスタイルを創出するもの。さらに、全国の遊休不動産を活用したサービスの提供により、地域活性化やエンターテイメント市場の拡大にもつなげていく。

なお、本協業の第一弾として、moumoonのライブの生配信・事後配信や、アーカイブ映像などを視聴できるプライベートビューイング・トライアルイベントを、ドコモが企画・技術協力し、スペースマーケット主催で2月17日〜3月3日に実施する。