2018年音楽ソフト生産金額104%、3年ぶりプラスに転じる

2019年1月24日 11:27

日本レコード協会は1月24日、同協会加盟全社の集計による2018年12月度(2018年12月1日〜31日)のレコード生産実績および2018年年間音楽ソフト生産実績を発表した(同協会会員社が受託した非会員社からの委託分を含む)。

12月度の音楽ソフト(オーディオレコード・音楽ビデオの合計)生産実績は、数量で前年同月比85%の1,580万枚・巻、金額で同95%の229億円 となった。

内訳は、オーディオレコードが数量で前年同月比86%の1,129万枚・巻、金額で同84%の136億円、音楽ビデオが数量で前年同月比81%の451万枚・巻、金額で同117%の93億円 となっている。

この結果、2018年年間(1月〜12月)の累計は、音楽ソフト(オーディオレコード・音楽ビデオの合計)生産実績が、数量で前年比96%の1億9,500万枚・巻、金額で同104%の2,403億円 となり、3年ぶりでプラス に転じた。

2018年年間音楽ソフト生産実績の内訳は、オーディオレコードが数量で1億3,934万枚・巻(前年比90%)、金額で1,576億円(前年比91%)、音楽ビデオが数量で5,530万枚・巻(前年比115%)、金額で827億円(前年比142%)となっている。
 

アナログレコード生産実績推移


オーディオレコードのうちアナログディスク(アナログレコード)は、数量112万枚(前年比105%)、金額20億8,000万円(前年比108%)で5年連続増生産金額20億8,000万円は、18年ぶりの20億円超となった。

なお、2018年第4四半期及び同年年間の音楽配信売上実績は、2月下旬の公表を予定している。