経済産業省主催×AbemaTV 連携プロジェクト「クリエイターズファンディング」の参加者を募集、最優秀企画には最大300万円の制作費を支給

2019年1月10日 18:02

QPRは、経済産業省からの委託事業の一環として、AbemaTVの実施する「クリエイターズファンディング」との連携により、インターネット配信等のさまざまな流通形態が登場する中で、コンテンツ制作者が多様な資金調達手法により、収益を最大化していくモデルを検証するために、コンテンツ制作者から企画の募集を行っている。

「クリエイターズファンディング」は、従来の枠組みにとらわれない斬新な企画や熱狂を生む企画を募集し、選ばれた企画には制作費や発表の場の提供、話題化のプロデュースまで、全面的にサポートが行うAbemaTVのプロジェクト。

今回応募のあった企画の中から、事務局による書類確認、AbemaTVスタッフによる書類審査を経て10本程度を選定したうえで、トレーラー制作費を支給し、約1カ月の期間で、自らが発案した企画の3分以内のトレーラー(デモ映像)を制作する。

そして、制作されたトレーラーをもとにして、各業界の第一人者による最終審査が行われ、そこで最優秀企画に選ばれた企画は、AbemaTVから最大300万円の制作費が支給され、実際に映像を制作することができる。また、本編完成後には、AbemaTVをはじめとする様々なメディアで公開も行う予定だ。

なお、選定された10本程度の企画のトレーラー制作や最終審査の様子については、AbemaTVが密着取材を行い、AbemaTVの番組として配信される。

完成した作品の権利は制作者自身に帰属し、一定の条件のもとで自由に利用することができる。

応募締め切りは、2019年1月18日17:00必着。詳細は「クリエイターズファンディング」企画募集ページまで。