桑田ボウリング公式ソングが圧勝、米津「Lemon」再浮上…とともにラジオが選んだ“2018年の代表曲”とは?【エアモニ】

2019年1月9日 18:50

今週、2019年1月9日発表のラジオ・オンエアチャート(集計期間:2018年12月24日〜27日+2019年1月4日〜6日の合算 プランテック調べ)では、桑田 佳祐 & The Pin Boys「レッツゴーボウリング」が首位を獲得した。

桑田自身が旗を振るボウリング大会「KUWATA CUP 2019 〜みんなのボウリング大会〜」に向け結成した、話題の新ユニットによるシングル。11月12日〜18日チャートで7位に初登場して以降TOP50をキープしつつ、元旦リリースにあわせてオンエアを急伸。チャートイン7週目にして首位に上りつめた。2位以下と100回以上のオンエア回数差をつけての圧勝だ。

2位は米津 玄師「Lemon」が前週63位から急上昇した。「第69回NHK紅白歌合戦」への“出場決定”が報じられた12月26日当日、および翌27日に特にオンエア数が急伸したのも特筆すべき点。それだけ注目されていた中でのあのパフォーマンスは、よりいっそう米津 玄師というアーティストを高みに上げたことだろう。言わずもがな今年を代表するアーティスト、そして一曲であることは、調査対象32放送局中31局でオンエアされていること、そして今週最多となったリクエスト数にも表れている。

3位はTHE CHARM PARK「Imperfection」が引き続き、複数パワープレイ選出による大量オンエアでTOP3をキープした。11月26日〜12月2日チャートに初登場以来、特にFM802を筆頭とする関西エリア、それと関東エリアではJ-WAVEで安定数のオンエアが見られている。そのJ-WAVEでは12月25日放送の「STEP ONE」にて、ビング・クロスビーのカバー「I'll Be Home For Christmas」の生演奏を披露した。

 

各局が一年を振り返り、2018年の象徴的な名曲/アーティスト達がこぞって再浮上


各放送局・番組が2018年を振り返り、印象的だった一曲/アーティストにオンエアが集まった。2位の米津 玄師「Lemon」は先述のとおりだが、他にもTOP100に絞って見ると、6位のMISIA「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」(前週123位:以降同様)、10位のあいみょん「今夜このまま」(21位)、14位のDA PUMP「U.S.A.」(29位)、20位のあいみょん「マリーゴールド」(圏外)、25位のクイーン「ボヘミアン・ラプソディ」(108位)、27位のUru「プロローグ」(63位)、36位の星野 源「アイデア」(104位)、49位の[Alexandros]「アルペジオ」(108位)、79位のLittle Glee Monster「世界はあなたに笑いかけている」(150位)、79位のOfficial髭男dism「ノーダウト」(圏外)、79位のSEKAI NO OWARI「サザンカ」(圏外)、89位のOfficial髭男dism「Stand By You」(141位)、97位のキアラ・セトル & ザ・グレイテスト・ショーマン・アンサンブル「ディス・イズ・ミー」(圏外)、安室 奈美恵「Hero」(圏外)が該当する。どれも前週から飛躍的にオンエア数を伸ばし急上昇した。

これらは逆説的に言えば“ラジオ界が選出した2018年を象徴する曲”だ。なかでも、上述の2曲に加えて「君はロックを聴かない」(2017年8月リリース)も前週圏外から124位に再登場したあいみょん、そしてTOP100に2曲を送り込んだOfficial髭男dismについては、“ラジオレコメンデッドの2018年にブレイクしたアーティスト”と称せるだろう。今年はどんな曲をプッシュしてくれるのか楽しみだ。

 

RADIO ON AIR DATA

(集計期間:2018年12月24日〜27日+2019年1月4日〜6日)
1.レッツゴーボウリング / 桑田 佳祐 & The Pin Boys
2.Lemon / 米津 玄師
3.Imperfection / THE CHARM PARK
4.Pop Virus / 星野 源
5.Slumberland / King Gnu
6.アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN) / MISIA
6.泣かせてくれよ / 吉本坂46
8.Blizzard / 三浦 大知
9.恋人たちのクリスマス / マライア・キャリー
10.Memories / DedachiKenta

 

ラジオ・オンエアモニタリング(エアモニ)・ランキング
調査基準:本ランキングは調査対象局において下記条件を満たすオンエアのあった楽曲を集計。
・1曲につきワンコーラス以上、もしくは連続して60秒以上のオンエアがあること。
・BGMでないオンエアであること。