Appleが2018年ベストを発表、今年のベストアーティストはドレイク

2018年12月5日 18:28
今年のベストミュージック

Appleのエディターたちが選んだ、2018年各部門のトップランキングが発表され、「今年のベストミュージック」からベストアーティストにドレイクが選出された。

ドレイクがアーティスト・オブ・ザ・イヤーのカテゴリーを総なめにする一方で、カントリージャンルではケイシー・マスグレイヴスが「Golden Hour」でアルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得した。

Cardi B、J.バルヴィン、バッド・バニーによる熱いコラボレーションから生まれた「I Like It」は文句なしにソング・オブ・ザ・イヤーとなり、今年大ブレイクしたアーティストのジュース・ワールドの「Lucid Dreams」は1年を通じてファンに輝ける夢を届けるブレイクスルーアーティストとなった。
 

2018年ベスト「今年のベストミュージック」

ベストアーティスト:ドレイク
ブレイクスルーアーティスト:ジュース・ワールド
ベストソング:Cardi B、J.バルヴィン、バッド・バニー「I Like It」
ベストアルバム:ケイシー・マスグレイヴス「Golden Hour」