JOYSOUND2016年上半期ランキング発表、1位は桐谷健太扮する“浦島太郎”が歌った「海の声」

2016年6月9日 20:45
JOYSOUND2016年上半期ランキング


エクシングは、業務用通信カラオケ「JOYSOUND」シリーズ、および「UGA」シリーズにて歌唱された楽曲の回数に基づき集計した「2016年 JOYSOUND上半期ランキング」を発表した(※集計期間:2016年1月1日〜5月31日)。

2016年上半期のカラオケランキングの首位に輝いたのは、au「三太郎シリーズ」TVCMで桐谷健太扮する“浦島太郎”が歌った「海の声」。テレビで歌声が披露されてからランキングも徐々に上がり始め、1月18日付の週間ランキング以降、18週連続で首位を独占している。年齢性別を問わず幅広い層からの厚い支持を得て人気曲となり、堂々の首位獲得となった。さらに、アーティストランキングでは本楽曲のみにも関わらず25位にランクインするという快進撃をみせた。

昨年大ヒットの秦 基博「ひまわりの約束」は上半期でも2位を獲得、続いて3位は西野カナ「トリセツ」がランクイン。女性の内面や乙女心を“取り扱い説明書”になぞらえて描いた歌詞に多くの女性たちが共感した。このほか、山本彩が初のセンターを務めたことで話題となったAKB48「365日の紙飛行機」は、NHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌にも起用され、「唇に Be My Baby」のカップリング曲にも関わらず初登場5位を獲得する快挙をみせた。

今年の上半期ランキングの傾向としては、CMソングや、ドラマ、映画の主題歌などが目立ち、幅広い世代がお茶の間で耳にした楽曲が上位にランクインする結果になった。

アーティストランキングにおいては、嵐、AKB48、Mr. Childrenなど、カラオケで人気のアーティストが占めるなか、back numberが昨年14位から大きく順位を上げ首位を獲得。総合ランキングでも、大ヒットしたバラード「クリスマスソング」が6位、「高嶺の花子さん」が17位にランクインするなど、若い世代を中心に人気を博している。

また、海外でも活躍中のロックバンド「ONE OK ROCK」は、2010年にリリースした「Wherever you are」がNTTドコモ「iPhone・iPad 感情のすべて/家族」篇CMソングとして採用されると総合ランキングでは圏外から21位に、アーティストランキングでは24位から10位と飛躍的に順位をあげた。

上半期ランキング 特集ページ
http://joysound.com/st/ranking2016_half/
※集計期間:2016年1月1日〜5月31日。6月の1ヶ月分によるランキングへの影響が軽微であるため、速報として発表。
 

カラオケ総合ランキング
順位 曲名 歌手名
1 海の声 浦島太郎(桐谷健太)
2 ひまわりの約束 秦 基博(ハタ・モトヒロ)
3 トリセツ 西野カナ
4 中島みゆき
5 365日の紙飛行機 AKB48
6 クリスマスソング back number
7 SUN 星野源
8 残酷な天使のテーゼ 高橋洋子
9 ハナミズキ 一青窈
10 R.Y.U.S.E.I. 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
11 千本桜 WhiteFlame feat.初音ミク
12 小さな恋のうた MONGOL800
13 3月9日 レミオロメン
14 奏(かなで) スキマスイッチ
15 シュガーソングとビターステップ UNISON SQUARE GARDEN
16 Story AI
17 高嶺の花子さん back number
18 愛唄 GReeeeN
19 栄光の架橋 ゆず
20 Let It Go〜ありのままで〜 松たか子

 

アーティストランキング
順位 歌手名 昨年
1 back number ↑(14)
2 西野カナ ↓(1)
3 →(3)
4 AKB48 ↑(11)
5 Mr.Children ↓(4)
6 EXILE →(6)
7 中島みゆき →(7)
8 BUMP OF CHICKEN ↑(12)
9 GReeeeN ↓(5)
10 ONE OK ROCK ↑(24)
11 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE ↓(8)
12 いきものがかり ↑(13)
13 ポルノグラフィティ ↓(10)
14 AAA ↑(17)
15 コブクロ ↑(18)
16 サザンオールスターズ ↓(9)
17 DREAMS COME TRUE ↓(15)
18 ゆず ↓(16)
19 福山雅治 →(19)
20 SEKAI NO OWARI ↓(2)

エクシング:http://www.xing.co.jp/