エイベックスが7/1付で音楽事業を再編、AEI音楽事業をAMIへ移管

2014年5月16日 3:30

avexエイベックス
エイベックス・グループ・ホールディングスは、8日、エイベックス・エンタテインメント(AEI)、エイベックス・マーケティング(AMI)、およびエイベックス・ミュージック・パブリッシング(AMP)において、平成26年7月1日付で音楽事業の再編を行うと発表した。

AEIの音楽事業本部、commmonsプロジェクト推進室、S.M.クリエイティヴ部および制作支援本部に係る資産および負債に関する一切の権利義務と、AEIの100%子会社であるエイベックス・クラシックス・インターナショナルの株式をAMIに承継する。

現状、AEIが行っている音楽事業に関する機能をAMIに移管し、制作・宣伝から編成・販売まで一貫した体制とすることで、経営資源の有効活用を図るとともに、新たなヒットを創出する体制構築を目指す。

また、AEIとAMPで行っている出版権と原盤の二次利用に関するライセンス窓口業務をAMPへ統合し、グループ全体での音楽出版事業の強化を図る。

なお、AEI、AMI、AMPの商号、本店所在地、代表者の役職・氏名、資本金、決算期については変更ない。
 


■エイベックスhttp://www.avex.co.jp/