ビクターら5企業が五感と空間を意識した共同プロジェクトを立ち上げ

「KANSEI Projects Committee」ロゴビクターエンタテインメントは、BtoB事業を推進するエンタテインメント・ラボが展開している空間音響デザイン事業「KooNe(クーネ)」の販売拡充に向けた新たな展開として、「聴覚」「嗅覚」「視覚」「味覚」「触覚」の五感に関連のある企業と共同で「KANSEI Projects Committee」を設立した。

同プロジェクトは、五感の各専門分野のノウハウを活かし、感覚的および脳神経科学的に空間を分析し、新しい空間作り提案する専門家チームとして結成。居心地の良い空間を増やすことで、人間の創造性や生産性を向上させていくことを目的としている。

参加しているのは、ビクター(聴覚)、エアアロマジャパン(嗅覚)、オノデラコーポレーション(味覚)、KOMA(触覚)、デザインオフィスライン(聴覚)の5社。また、学術顧問として広島国際大学感性デザイン学教育研究室教授 吉長成恭氏、マーケティング顧問としてアサヒビール出身で「スーパードライ」などヒット商品の開発に携わった吉岡信一氏が就任している。

今後は、オフィス、商業施設、医療機関、教育機関などの空間設計を行うと同時に、五感と空間に関するセミナーや、コンサルティング、感性空間デザインを行っていく。

「KANSEI Projects Committee」記者会見

関連リンク

KANSEI Projects Committee:http://kanseiproject.com/
■ビクターエンタテインメントhttp://www.jvcmusic.co.jp/
エアアロマジャパン:http://www.air-aroma.co.jp/
オノデラコーポレーション:http://www.anchor2fullsail.co.jp/
KOMA:http://www.koma.gs/
デザインオフィスライン:http://d-o-line.com/#ad-image-0

関連記事RSS