SMC、レベニューシェア型マルチデバイス映像配信課金サービスを提供

2013年8月2日 1:30

ソニー・ミュージック ロゴ
ソニー・ミュージックコミュニケーションズ(以下、SMC)は、同社開発のマルチデバイス映像配信課金サービスを、アニメーションの企画・制作を行うゴンゾに提供。ゴンゾは同サービスを利用し、8月5日よりスマートフォン向けのアニメ配信サイト「GONZOファンストア」をスタートする。

同サービスは、コンテンツを持つ企業が、ワンソースでパソコンからスマートフォンまで多様なデバイスに対応した映像配信課金サイトを手軽に構築できるもので、有料会員の継続施策に欠かせないポイント特典制のカスタマイズにも対応し、イニシャルコストを抑えながら、WEB初期制作からプロモーションの企画・展開までトータルサポートするレベニューシェアでのビジネススキームを提供することができる。

「GONZOファンストア」においては、CMSを使用することによって、ゴンゾが独自にアニメコンテンツを更新・アレンジできるスマートフォン向けウェブサイトの初期制作やポイントシステムの構築をサポート。また、オリジナルゆるキャラやプロモーションビデオの開発、YouTubeなどでのBUZZプロモーション展開など、サイト販促施策を行い認知度アップと動員を図る。

SMCでは今後も、マルチデバイス映像配信課金サービスを、顧客の二ーズに合わせてアレンジしながら展開していく予定だ。
 


GONZO公式サイト:http://www.gonzo.co.jp/
ソニー・ミュージックエンタテインメントhttp://www.sme.co.jp/