2012年音楽ソフト売上が前年比2.6%増の2381億に

音楽ソフトパッケージの各種マーケティング情報を取り扱うサウンドスキャンジャパン(SSJ)が、リアル店舗市場(CDソフト販売店、レンタル店、家電量販店、書籍店)の全国3,924店(2012年11月末現在)と、Eコマース市場で売上げたPOSデータを合算した「2012年オーディオソフト売上動向」を発表した (集計期間:2012年1月2日から2012年12月30日まで)。

2012年の「オーディオ・ソフト年別売上金額」は、前年比割れを続けてきたオーディオ・ソフトの2012年総売上金額は前年比2.6%増の2381億300万円と、長引いたダウン傾向から脱したが、12年前(2000年総売上金額5281億9800万円)と比較すると半減以下の売上規模でストップとなった。

音楽がデジタル化したことで、従来の所有するパッケージから消費するデータに変化した。既に音楽は趣味や娯楽ではなく、形のない商材へと変化をし、産業として大きな基盤を築くことのできたスケールを維持することが難しくなっている。しかし限定特典付きの複数アイテムの同時発売など、以前の市場形成とは異なる発想法が確立・定着した。

音楽CD売上が米国を抜いて世界一になった2008年以来、ダウンロード配信へ急速に移行する他国を尻目に、減少をしながらも日本市場は世界一のパッケージ市場を保っています。

また、2012年のEコマース市場は32.9%(2011年は28.2%)と前年に比べ販売シェアを4.7ポイント拡大、総売上の約三分の一に迫ってきた。
独占的な情報・特典を提供するEコマースの利便化された販売路線が徐々に浸透し、従業員教育や店舗の諸経費を抱えるリアル店舗にとっては、ショップ経営の維持・存続かの大きな問題を抱き続けている。

「アルバム&シングル別売上金額および数量」は、アルバム・シングル共に金額・数量は前年を上回った。アルバムの金額は前年比2.4%増、数量は同0.6%増、シングルは金額で3.5%増、数量では1.5%増。平均単価ではアルバムは前年より49円アップの2,875円、シングルも27円アップの1,362円と上昇した。
これは、初回限定版・通常版に加え、DVD付やオリジナルアイテムなど高付加特典商品がユーザーに受け止められたためと考えられる。

「邦楽・洋楽ジャンル別売上金額」は、邦楽82.3%対洋楽17.7%で、前年比では邦楽8.5%増、洋楽18%の大幅減になった。2011年の洋楽は新人パフォーマーのデビューや新曲ラッシュだったK-POPアーティストたちが活躍したが、2012年は新曲数が減少し、洋楽全体のパワーを引き下げた。

「メーカー別売上シェア」は、いきものがかり、西野カナ、L'Arc〜en〜Cielなど人気アーティストたちがコンスタントにヒットしたことにより、総合、邦楽アルバムでソニーミュージックグループが4年連続トップを維持している。
洋楽に関してはユニバーサルミュージックが不動の地位を堅持。シングル売上占有率は、ソニーミュージックグループ、キングレコード、エイベックスグループの3社がトップ争いで拮抗している。

■オーディオ総合占有率
順位メーカー名シェア率
1ソニーミュージックG17.60%
2エイベックスG12.40%
3ユニバーサルM10.50%
4キングレコード5.90%
5ワーナーMJ5.70%
6EMI MJ5.60%
7トイズファクトリー4.80%
8ビクターE4.70%
9ジェイ・ストーム3.00%
10ポニーキャニオン2.50%

「アーティスト別売上」は、Mr.Childrenが1位となり、前年1位だったAKB48が2位に、同じく前年2位だった嵐が3位に後退した。
また、上位20位のアーティスト合計の売上金額は539億円で、前年の475億円から64億円上回っている。特に、1位のMr.Childrenは活動開始20周年、松任谷由実、山下達郎は40周年などベテランアーティストがランクインし、売上金額に貢献した。

■アーティスト別売上金額 (単位:百万円)
順位アーティスト名売上金額前年順位
1Mr.Children8,842-
2AKB486,3631
34,9892
4EXILE3,0923
5関ジャニ∞[エイト]2,6677
6桑田佳祐2,42912
7松任谷由実2,312-
8EXILE/EXILE ATSUSHI2,1918
9コブクロ2,180-
10いきものがかり2,001-

関連記事RSS