ギブソン社、ティアックとの資本業務提携で合意

2013年3月30日 2:00

ギブソン ロゴ

29日、楽器メーカー大手のGibson Guitar Corp.(以下、ギブソン社)は、音楽とオーディオライフスタイル分野での継続的な事業多様化の一環として、AV機器メーカーのティアックとの資本業務提携契約の締結に合意したことを発表した。

なお、本日、ギブソン・グループとフェニックス・キャピタルを業務執行組合員とするフェニックス・キャピタル・パートナーズ・ワン投資事業組合およびジャパン・リカバリー・ファンドⅢは、その保有するティアックの株式の全てである1億5,744万7千株(発行済株式総数の54.4%)を、両社の合意価格の1株当たり31円でギブソン・グループに譲渡することについて合意に達した。

この合意により、ギブソン・グループは、ティアックの株式の3分の1超を取得するため、金融商品取引法に則ってギブソン・グループは公開買付けを開始。特別目的会社を通じて、1株当たり31円で現金によるティアックの普通株式1億5,744万7千株の公開買い付けを実施する。また、4月1日から21営業日(日本の営業日)の間を、公開買付け期間としている。

今回の合意に関して、ギブソン社の会長兼CEOヘンリー・ジャスキヴィッツは、「ティアックとその才能ある社員がギブソン社のファミリーに迎えられることを喜ばしく思います。私たちは長年にわたり、お互いをよく知る関係です。また、私たちは、オーディオ業界における世界最高水準の技術および、世界一流の楽器メーカーとその音楽の革新をビジネスにする力を統合するという、未来のビジョンを共有しています。そして、ギブソン社は、ティアックとともに「クール・ジャパン」を力強く支持します。私たちは、日本の音楽界から発信されるクールな製品が世界で認知されることに貢献するだけでなく、業界で日本の優れた音楽の革新性を普及していきます。」と述べている。

ティアックの英 裕治代表取締役社長は「私たちが、音楽業界で世界のレジェンドの一つであるギブソン社の一員になることを、とても楽しみにしています。両社の提携により、音楽業界の最先端の技術が双方にもたらされ、革新的で新しい製品を開発するという使命を共有することによって、真にグローバルな形でユーザーの音楽体験をさらに高めることを目指します。」と述べている。


Gibson Guitar Corporation(英語サイト):http://www2.gibson.com/Gibson.aspx
ティアック:http://www.teac.co.jp/