DeNAが音楽事業に参入、スマホ向け音楽配信サービスを開始

2013年1月11日 1:45

モバゲー等を運営するディー・エヌ・エーが10日、新サービス発表会を開催し、2012年度内にiOSおよびAndroid端末用の音楽配信サービス「Groovy(グルーヴィー)」を開始すると発表した。

「Groovy」は、iOS及びAndroid端末内の楽曲を再生する音楽プレイヤーの機能に、ソーシャルネットワークサービス機能を備えた音楽サービスで、20社を超えるレコード会社が参画し、サービス開始時の提供楽曲数は100万曲以上を予定している。

DeNAが音楽事業に参入、スマホ向け音楽サービスを開始
左から:北川直樹氏、守安功氏、小池一彦氏、斉藤正明氏

ディー・エヌ・エー代表取締役社長 守安功氏は、音楽事業への参入の理由として、音楽サービスの利用率が従来型の携帯電話と比べスマートフォンは約2倍になる点に注目し、「ソーシャルミュージックという新しい楽しみ方を生み出し、「Groovy」発のヒット曲を出すことによって音楽産業の活性化にも貢献したい」と語った。

DeNAが音楽事業に参入、スマホ向け音楽サービスを開始
発表会には、守安氏のほかソニー・ミュージックエンタテインメント代表取締役 北川直樹氏、ユニバーサル ミュージックCEO兼社長 小池一彦氏、ビクターエンタテインメント代表取締役社長 斉藤正明氏が登壇。

新サービスへの参入について、北川氏は、「ネットワークサービスで活躍しているディー・エヌ・エーが音楽サービスに参入することは、既存のサービス運営者にも刺激になる素晴らしいことだと思っています」とコメントし、小池氏は、「日本は音楽配信において世界とは違う状況になっているが、ディー・エヌ・エーのネットワークを通した新しいサービスによって、新たな音楽ファンを獲得し、大きく日本のデジタル市場が伸びることを期待しています」と伸び悩むデジタルサービスについて言及。そして斉藤氏は、「デジタルでは音楽とゲームはライバルのような見方をされていたが、音楽業界にプラスになればという思いで積極的に参加していきたい」と期待感を表した。

また、ディー・エヌ・エーは、同サービスのスタートにあたり、スマートフォン向け音楽再生アプリケーション「Discodeer(ディスコディア)」の権利を所有するユナイテッドと協業し、「Discodeer」の後継サービスとして「Groovy」を展開する。

DeNAが音楽事業に参入、スマホ向け音楽サービスを開始
【参加予定のレコード会社および音源提供会社】 (50音順)
株式会社アップフロントワークス
株式会社 EMIミュージック・ジャパン
エイベックス・マーケティング株式会社
株式会社A-Sketch
株式会社ガルル・レコード
キングレコード株式会社
株式会社スペースシャワーネットワーク
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
チューンコアジャパン株式会社
株式会社テイチクエンタテイメント
株式会社ドリーミュージック
ナクソス・ジャパン株式会社
日本クラウン株式会社
日本コロムビア株式会社
株式会社バップ
株式会社ビーイング
ビクターエンタテインメント株式会社
株式会社ポニーキャニオン
株式会社メディアファクトリー
株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
ユニバーサル ミュージック合同会社
株式会社ライツスケール
株式会社ランティス
株式会社ワーナーミュージック・ジャパン