米大手音楽ディストリビューション「TUNECORE」日本版サービス開始

音楽ディストリビューションサービスTUNECOREの日本版「TUNECORE Japan」が、サービスを開始した。運営するのは、米TuneCore Inc.の日本法人、チューンコアジャパン株式会社。

同サービスは、自分で作った楽曲を、利用者であれば、誰でも自ら世界中(約70ヶ国)の配信ストアで販売できるデジタル音楽ディストリビューションサービス。

現在、米国版ではメジャー、インディーズ問わず、約70万組のアーティストが利用し、年間約20万リリースを配信ストアへ提供している。

サービス開始以来、配信ストアでの総売上げは約240億円に上り、Keith Richards、NIN、Trent Reznor、Jason Mraz、Ziggy Marleyなど世界的に有名なアーティストも利用している。

日本でのサービスでは、米国版同様に「売上げをアーティストへ100%還元」、「低価格(利用料:1曲 ¥1,480~/1年間、1アルバム¥4,980~/1年間」)、「早くて&簡単(最短2日間で配信開始)」を実現、さらに「日本語」、「円」、「日本独自の配信ストア」といった、国内事情にも細かく対応している。

現在は、サービス開始時のβ版となっており、提供可能な配信ストアは、iTunes Store、Amazon MP3の2サイト。今後は米国版で既に提供をしている配信ストアや、日本独自の配信ストアも随時追加していく。



■TUNECORE Japan:http://www.tunecore.co.jp/

関連記事RSS