TBSが常設型ライブ音源即売サービス開始

2012年6月1日 22:15

TBSテレビとTBSラジオは、NEEDSと共同で、赤坂BLITZにライブ音源を収録し、その日に即売できるシステムを設置。常設型としては日本初となるライブ音源即売サービス「BLITZ T2D(ブリッツ・ティーツーディー)」を開始する。また同時に赤坂BLITZで手軽にマルチトラック収録できるサービスも開始する。

「BLITZ T2D」サービスは、赤坂BLITZでの音楽ライブを収録。シリアル番号が記載された「BLITZ T2D LIVE CARD」を公演終演後に会場内で販売。カード購入者は終演後最短1時間でパソコンやスマートフォンのブラウザー経由でサイトにアクセス&ダウンロードでき、その日のライブ音源をその日のうちに手に入れることが可能になる。

これまで海外等では音楽ライブ音源を会場で即販する事例が多く存在し、また日本でも同様の事例は数件ありますが、ライブハウスに録音システムを常設し、音源即売が可能になるのは日本初となる。

また、ライブ音源はパッケージではなく、デジタルデータで販売するため、低コストで実施することが可能となる。

現時点での「BLITZ T2D」サービス初回実施は6月24日(日)に行われる「Dirty Old Men」が決定している。

なお、同サービスを赤坂BLITZに導入するにあたり、音楽ライブをマルチトラックで録音できる機材を設置。「T2D REC」サービスと銘打ち、低コストでライブレコーディングすることが可能で、赤坂BLITZを巨大なレコーディングスタジオのように活用できる。


「BLITZ T2D」公式サイトhttp://totte.tv