Billboard JAPAN【先ヨミ】ずっと真夜中でいいのに。「今は今で誓いは笑みで」が1.6万枚売上で現在アルバム首位、BiSHフェイク盤は4位

2019年6月13日 17:25
ずっと真夜中でいいのに。「今は今で誓いは笑みで」

今週のCDアルバム売上レポートから2019年6月10日〜6月12日の集計が明らかとなり、ずっと真夜中でいいのに。の「今は今で誓いは笑みで」が16,118枚を売り上げ、首位に立っている。

ネットを中心に人気を集めはじめたずっと真夜中でいいのに。の2ndミニアルバム「今は今で誓いは笑みで」は、その初動3日間の売上枚数が2018年11月に発売された前作「正しい偽りからの起床」の初週売上枚数14,571枚を越えており、新たなファンを獲得していることが分かる。

「今は今で誓いは笑みで」に約5,500枚差で現在2位に付いているのは、BOOWYが1988年4月4日と5日に東京ドームで行ったラストライブを収録したライブCD「LAST GIGS -THE ORIGINAL-」で、初動3日間で10,656枚を売り上げている。

3位には2019年6月17日付のBillboard JAPAN週間アルバム・セールス・チャートで首位を獲得したaikoの「aikoの詩。」が入っているが、リリース2週目に入った今週前半でも9,116枚を売り上げており、人気の高さがうかがえる。

aikoは「ミュージックステーション」で本作に収録される「milk」を、「CDTV」で「未来を拾いに」「ホーム」を披露することが決まっており、さらにセールスを伸ばすことが期待できる。

4位には、beat mints boyzの「BiSH CARROTS and STiCKS??」がついた。本作は6月12日に緊急リリースされたアルバムで、BiSHが歌っているかと思いきや、実はBiSHを手掛ける松隈ケンタとJxSxKの2人のプロデューサーが歌っていた、というフェイク盤であることが判明し話題を呼んでいる。

初動3日間で8,747枚を売り上げており、フェイク盤であることが分かった今、どこまでセールスを伸ばすのかに注目したい。そして、今週前半で4,784枚を売り上げたB'zのアルバム「NEW LOVE」は現在5位についている。

Billboard JAPANアルバム・セールス集計速報
(2019年6月10日〜6月12日の集計)
1位「今は今で誓いは笑みで」ずっと真夜中でいいのに。(16,118枚)
2位「LAST GIGS -THE ORIGINAL-」BOOWY(10,656枚)
3位「aikoの詩。」aiko(9,116枚)
4位「BiSH CARROTS and STiCKS??」beat mints boyz(8,747枚)
5位「NEW LOVE」B'z(4,784枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用。