BRADIO、「O・TE・A・GE・DA!」なシチュエーションに挑む新曲MV公開&7月に2度目となるアメリカライブも決定

2019年4月15日 18:25
BRADIO

5月から初の47都道府県ツアー「47都道府県ツアー "IVVII Funky Tour"」をスタートさせるBRADIOが、新曲「O・TE・A・GE・DA!」のミュージックビデオを公開した。

4月24日にリリースされるシングル「O・TE・A・GE・DA!」は、新曲3曲とインストゥルメンタル、昨年11月に行われた「YES Release tour 2018~ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM~」のツアーファイナル公演となったNHKホールでのライブから、BRADIOのライブには欠かせない代表曲7曲を余すところなく収録した全13曲入りの豪華シングルとなっている。

公開された表題曲「O・TE・A・GE・DA!」のMVは、加藤マニが監督を務め、宙吊り、ドミノ、拘束などさまざまな「O・TE・A・GE・DA!」なシチュエーションにBRADIOが体を張って挑戦する姿を描いたユニークな構成のビデオとなっている。

加藤マニとは、Youtubeで1,200万回以上再生されている「Flyers」のMV以来のタッグとなり、“参った・降参”という意味のお手上げと、“ヤられた・カッコいい”というハンズ・アップするような意味のお手上げ、2つの意味を織り交ぜた楽曲の世界観を見事に表現している。

なお本日から、来週のリリースに先駆け、各種サービスにて「O・TE・A・GE・DA!」の先行配信がスタートしている。

さらに、7月26日にはBRADIO 2度目となる海外ライブ「OTAKON」への出演も決定した。

「OTAKON」は1994年からスタートし、今年で26年目を迎える歴史あるアニメ・コンベンションで、アメリカの3大アニメ・コンベンションのひとつだ。

今年はアメリカ ワシントン州で7月26日から7月28日の3日間にわたって開催され、BRADIOは開催初日7月26日に出演をする。

昨年、テキサス州で開催された「A-kon」に出演し、“Funky”の本場アメリカで会場満員のオーディエンスを踊らせたBRADIOが2度目のアメリカでどんな“Funky”なパフォーマンスを見せてくれるのか。