石川さゆり、民謡アルバム収録曲「ソーラン節」で布袋寅泰とのセッション実現

2019年3月15日 11:57
石川さゆり


石川さゆりが3月20日に発売する「民謡」をモチーフとしたアルバム「民~Tami~」は、1988年(昭和63年)に「世界中の皆さんに、日本の音楽を持ち帰っていただきたい」と、石川さゆりが発した想いから制作・発表された童謡アルバム「童~Warashi~」に続く第2弾作品。

今作は、すでに発表されている亀田誠治をはじめ、矢野顕子、菅野よう子、神津善行といった、豪華プロデューサー・アレンジャー陣が話題となっているが、この度アルバム収録曲の「ソーラン節」に、日本を代表するギタリストの布袋寅泰氏が参加していることが発表され、レコーディング時の模様を収めたトレーラー映像も公開された。

昨年の大晦日に放送された「NHK紅白歌合戦」での競演が大きな話題となったが、「ソーラン節」という民謡が、二人の競演でどのような世界を見せるのか注目だ。
 

布袋寅泰


布袋寅泰 コメント
ソウルシンガー。聴く人の細胞まで躍らせる声。ボーカリストは数多くいても、心震わせる真のシンガーは少ない。そしてさゆりさんは紛れもなく選ばれし者。この度御一緒させていただいて、ギタリスト魂に火がつきました。躍動的なソーラン節を共に歌い奏で、スタジオ内は真夏のカーニバルのように熱く燃えました。共演させて頂けたのはギタリスト冥利につきます。この伝統的且つ新しい日本の歌がたくさんの心に届きますように。いつまでもその歌声で我々に勇気を与えてください。ずっとずっと応援しています。

亀田誠治 コメント
「今の時代に生きる人が共感できる民謡を歌いたい。」さゆりさんのそんな思いを受けて僕が選んだのは『ソーラン節』『どんぱん節』『木曽節~会津磐梯山』『刈干切歌』。いずれも僕が人生の折々で触れてきた「生活の歌」です。泣いたり、笑ったり、許したり、寄り添ったり、民謡は僕らの毎日の元気の素、生きる知恵です。中でも『ソーラン節』は日本人なら誰でも知っていて、この歌を日本を代表する歌手石川さゆりさんが歌うのだから、ギターは日本を代表するギタリスト布袋寅泰さんに弾いてもらおうということで、今回の夢のコラボが実現しました。『民』から届くさゆりさんの歌が、多くの人にとって毎日の元気の素になりますように。この作品に関われたことを心から誇りに思います。