Zepp Tokyoが20周年、公演回数TOP3のHYDE、aiko、DIR EN GREYが記念ライブを開催

2019年2月20日 14:59

Zeppホールネットワークは、現在国内外6都市8ヶ所に展開するコンサートホール「Zepp」の2号店として1999年3月20日にオープンした、東京・Zepp Tokyoの20周年記念企画を実施する。

20周年記念日にあたる2019年3月20日から24日までの5日間を「Zepp Tokyo 20th Anniversary〜Special Live Act 5days〜」と題し、Zepp Tokyoでの単独公演回数がTOP3であるHYDE、aiko、DIR EN GREYがZepp Tokyoの20周年を祝したライブを行う。
 

DIR EN GREY


3月20日は、単独公演回数 35回のDIR EN GREYが「Zepp Tokyo 20th Anniversary TOUR19 The Insulated World」を開催。
 

aiko


3月21日、22日は、単独公演回数 46回のaikoが「Zepp Tokyo 20th Anniversary aikoの時。おめでとゼッペちゃん!!」を開催。
 

HYDE


3月23日、24日は、単独公演回数 98回のHYDE「Zepp Tokyo 20th Anniversary HYDE LIVE 2019」を開催する。

最終日3月24日に行われる「Zepp Tokyo 20th Anniversary HYDE LIVE 2019」では、同じく20周年を迎えた「MUSIC ON! TV(エムオン!)」での生中継も実施する。

また、20周年企画として、この5日間限定のネックストラップドリンクホルダーの配布や、Zepp×SNOOPYコラボTシャツの販売、そして榎屋克優氏が描くライブ体感漫画『高梨さんはライブに夢中』とのコラボレーション企画などを実施。この他にも、Zeppにゆかりのあるアーティストからのお祝いメッセージの館内上映なども予定している。