オリコン週間デジタルアルバム1/14〜1/20、クイーン映画サントラが7週ぶり1位返り咲き

2019年1月22日 17:39
サウンドトラック・アルバム「ボヘミアン・ラプソディ」

1月22日発表のオリコン週間デジタルアルバムランキングでは、クイーンのドキュメンタリー映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラック・アルバム「ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)」が、週間0.4万DL(3,558DL)で1位を獲得。昨年12月10日付以来7週ぶりの1位返り咲きとなった。

また今週付同ランキングでは、先週1月21日付に続き、「ジュエルズ」が6位、「グレイテスト・ヒッツ」が9位にランクインしており、クイーン作品はこれで2週連続、通算8週目の3作同時TOP10入りも記録した。

先週「2018年公開作品興⾏収入ランキング」で1位となった映画作品は、最新1月21日の発表で累計国内動員723.8万⼈、累計国内興⾏収入99億9,570万円を記録し、100億円超えが目前に。また先週は「第61回ブルーリボン賞」の「外国作品賞」受賞が決定と大きな話題が続いている。

オリコン調べ(1月28日付:集計期間:1⽉14日〜20日)