大原櫻子、5周年ベストにデビュー映画曲の新録3曲が追加 初回盤映像に初コメンタリ―MV集やストリートライブドキュメントも

2019年1月21日 17:00
大原櫻子

昨年12月14日にデビュー満5周年を迎え、3月に発売するベストアルバム収録曲の追加発表と、初回限定の大ボリューム映像特典の詳細が発表となった。

2013年に映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロインに選ばれ、さらに劇中バンド・MUSH&Co.のボーカルとして女優と同時に歌手としてもデビューした大原櫻子。そんなカノジョのデビュー5周年を感謝するべストアルバムのタイトルは「CAM ON!〜5th Anniversary Best〜」。

CAM ON(カムオン!)というのはベトナム語で“ありがとう!”という意味。その感謝の意味と日本でカモン(COME ON)と言った場合の“さあ行こう!”という2つニュアンスを表現できると思い本人が決めたとのこと。

そのCDにデビュー映画となった「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の人気ナンバー「明日も」「卒業」「ちっぽけな愛のうた」の新録アコースティックバージョンの追加収録が発表となった。

いわゆるアコースティックバージョンの様な雰囲気でレコーディングしたとの事だが、映画当時(17歳)とは声質も変わり少し大人っぽくなった本人の歌声とエレガント且つキュートなアコースティックサウンドが混ざり合い、素敵に仕上がったとの事なので注目だ。

そして、初回限定の映像特典の内容も発表となった。5周年について本人が立ち話的に語ったという謎の?インタビュー映像と、ソロデビュー以降発表してきた全てのミュージックビデオと初本人コメンタリ―を副音声で収録したミュージックビデオ集、更には2018年の春のフリーライブでの宣言から始まった完全サプライズで実施した大阪・東京でのストリートライブのドキュメントムービーの大ボリュームの内容となっている

今後、ベストアルバムには追加の映像情報もあるとのこと。