Billboard 週間アルバム・セールス、RADWIMPS「ANTI ANTI GENERATION」が73,661枚で首位獲得

2018年12月18日 13:25
RADWIMPS「ANTI ANTI GENERATION」

前作「人間開花」から約2年ぶりのリリースとなるRADWIMPS「ANTI ANTI GENERATION」が、初動3日間で48,583枚、その後約2万5千枚売り伸ばして、初週累計で73,661枚となり、週間アルバム・セールス首位を獲得した。

「U.S.A.」の快進撃が続くDA PUMP「THANX!!!!!!! Neo Best of DA PUMP」は、同曲も収録された現体制初ベスト。こちらは、初動3日間で29,798枚、初週累計で49,784枚で同2位となった。

前週1位のコブクロ「All TIME BEST 1998-2018」は、当週もコンスタントなセールスを続け、32,837枚セールスで同3位、発売以来累計で185,101枚をマーク。

映画大ヒット中のサントラ、クイーン「ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)」は、当週20,134枚を売り上げ同4位、発売以来累計で103,089枚となり、10万枚を突破した。


Billboard JAPAN Top Albums Sales
(2018年12月10日~12月16日までの集計)
1位「ANTI ANTI GENERATION」RADWIMPS(73,661枚)
2位「THANX!!!!!!! Neo Best of DA PUMP」DA PUMP(49,784枚)
3位「ALL TIME BEST 1998-2018」コブクロ(32,837枚)
4位「ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)」クイーン(20,134枚)
5位「JAPRISON」SKY-HI(11,182枚)