「NOGIBINGO!10」、まもなく卒業の西野七瀬がブレイク前に通った店や懐かしスポットを巡る

2018年12月14日 17:41
「NOGIBINGO!10」第11回 西野七瀬
写真:©「NOGIBINGO!10」製作委員会

12月18日放送の日本テレビ「NOGIBINGO!10」第11回は、まもなく乃木坂46を卒業する西野七瀬がブレイク前に通った西葛西を巡る。

「NOGIBINGO!10」では、毎回1人の乃木坂46メンバーを“わがままセンター”として選抜。「普段はガマンしているやりたい事」をスタジオを飛び出しオールロケで解放し、ロケに同行するメンバーたちは“盛りあガール”として、わがままセンターのやりたい事を全力で応援。MCを務めるイジリー岡田が彼女たちに付き添う。

第11回のわがままセンターはまもなく卒業する西野七瀬。西野の希望は「西葛西をガマンしない」。乃木坂46のオーディションに合格後、大阪から上京した西野は、西葛西にあったメンバー用の寮で生活していた。今回はその思い出の地を、寮でともに過ごした“盛りあガール”、井上小百合、斉藤優里、和田まあやとともに巡る。

西野の卒業に「メンバーみんな仲がいいので、卒業後も会える」(井上)、「寂しいけど考えないようにしてる」(斉藤)、「まだ実感がなくて、来年も再来年も一緒にいるんじゃないかなって」(和田)と思いを馳せるメンバーたち。西野は「残りの時間をみんなで一緒に楽しく過ごせたらいいな」と語る。この思い出を残すため、西野はお気に入りのフィルムカメラを持参。ほかのメンバーたちも初めてのフィルムカメラで、ロケ中の様子を写真に収めていく。

4人はスタートの西葛西駅前でさっそく「めっちゃここ歩いてた!」とテンションアップ。“超常連”だったという懐かしのテイクアウトすし店には全員大興奮。注文の際には、「昔は1貫ずつは高くて買えなかった」(和田)、「20歳ごろまでは生魚が食べられなかった」(井上)と昔を懐かしむ。

近くにあった寮の話になると、西野の母親がよく掃除に来てくれていたことや、斉藤が西野の部屋にお泊りして同じベッドで寝たときのことなどを告白。また、互いの部屋を行き来したり、誕生日の瞬間をお祝いしたことなど、寮生活ならではの懐かしい話に花が咲く。公園では、寮生活をするメンバーの中で「デ部」という部活を作って走っていたという秘話も。

そして、鳥が大好きな西野のために、斉藤が調べたお店へ行くと、なんと店の前にミミズクが。「いい写真が撮れる!」ということでシャッターチャンスを狙うと、西野の肩にミミズクが乗るという奇跡の瞬間に一同驚
愕。

みんなでよく立ち寄ったという料理店では、当時を知る店員から、「あの女の子たちはどこかのアイドルの卵なのかな?」と思われており、あるニックネームが付けられていたことが判明する。

撮った写真は専用スタジオで現像。今では珍しい暗室での現像に全員興味津々。西野も大興奮。そしていよいよ、全員が撮った写真をお披露目。果たしてどのような写真が撮れているのか。さらにイジリー岡田から西野にあるプレゼントが。西野の反応をお見逃しなく。

放送終了後、Huluでは見逃し配信とオリジナル番組「西野七瀬ちゃんねる」を配信。また、人気インスタグラマーとして活躍する“もろんのん”のInstagramアカウントには、この収録時に撮影された特別カットがアップされている。

西野七瀬 コメント
西葛西に来たのは、まだ乃木坂ができたばかりの頃で、大変なことをたくさん寮でメンバーと共有して過ごしたすごく印象的な場所です。この先の人生でも思い出すことがあるんだろうなって思う、大切な思い出の1つでもあります。今日は7年間ずっと一緒にいたメンバーだったので、安心してロケができました。いろんなものが撮れたし、みんなも楽しんでくれたようでよかったです。私もとても楽しかったです。

井上小百合 コメント
なーちゃんが卒業っていうタイミングでロケ呼ばれたことがすごくありがたかったし、また西葛西に来られてすごくうれしかったです。バスの中では、「あんなことあったよね」とか思い出話がどんどん蘇ってきて、じわっときました。西葛西は初めての東京暮らしで初めての共同生活で不安しかなかったんですが、いざ入ったらみんな優しくて。あの時間があったから今の乃木坂や今の自分がいるんだなと思うと、乃木坂の原点でもあるのかなと思います。

斉藤優里 コメント
西葛西はメンバーの大切さを知ることができた場所だったなと思います。これまで西葛西を訪れるタイミングがなかったので、今日は改めて良さがわかりましたし、また来たいです。ミミズクと触れ合ったときにみんなのテンションが上がってたのもうれしかったですね。

和田まあや コメント
7年前の寮の時代ってこうだったなあとか懐かしい気持ちになりました。改めて西葛西に来て思い出すこともいっぱいあって、来れて本当によかったなと思います。初心の気持ちを思い出せるし、思い出のいっぱい詰まった場所ですね。私たちもなーちゃんのことすごく好きなんですけど、ミミズクが誰よりもなーちゃんに懐いてて、なーちゃんはみんなに愛されるんだなと感じました。