GRASAM ANIMAL、渋谷で伝説のパーティー「Bali High」Vol.1 開催

2018年12月14日 18:00
GRASAM ANIMAL


12月6日、東京・渋谷RUBY ROOMでGRASAM ANIMAL主催のパーティー「Bali High」が開催された。

GRASAM ANIMAL(以下、グラサン)は昨年初の全国流通盤である1stアルバム「ANIMAL PYRAMID」をリリースして以来、精力的にライブ活動や自主企画を開催している。

この日、渋谷の屋根裏部屋的なRUBY ROOMにはグラサンのメンバーとファンのみならず、日頃から交流の深いアーティストがパーティーを盛り上げるべく集まった。

グラサン以外の出演者は発表されておらず、秘密に包まれたパーティー。メンバーやゲストのアーティストが入り乱れて演奏し、温まった会場は、気がつけば人でいっぱいになっていた。
 

GRASAM ANIMAL


そしてオープンから1時間半ほど経ち、盛大な歓声の中グラサンが登場。一曲目、「俺たちに夏はない」のイントロ、力強いギターが鳴ると一気に会場はステージに引き込まれる。

続く2曲目、「死ぬまでフラミンゴ」。“生まれも育ちもフラミンゴ”の歌詞に乗せて、ミラーボールが回り会場はダンスフロアに。その後3曲目「抱きしめたい」、4曲目「風のサンバ」とアルバム「ANIMAL PYRAMID」からの曲が続く。

そしてGt.Vo.木屋和人から、今回のパーティーのために作ったという新曲「Bali High」の紹介があった。

このタイトルは、1958年の映画『南太平洋(原題:サウス・パシフィック)』に登場する島に由来するという。メンバーが映画好きなグラサンらしいタイトルだ。音源化していないにもかかわらず盛り上がった会場を見ると、音楽が人を踊らせるポテンシャルを感じずにはいられない。

そして会場のボルテージはそのまま、キラーチューンでCDにも2度収録されている「Sir, Fried Monster」へ。

何度ライブを見てもそのかっこよさに驚かされる一曲だ。迫力と安定の共存するDr.歌代のリズムにGt.熊谷のカッティングが加わり、Ba.柳澤が色づける。演奏はまだまだ続く。

7曲目は今年7月に配信限定でリリースされた「LOVE OIL/あの子の心臓に」から、「あの子の心臓に」。その後に演奏された新曲は、今までのグラサンのかっこよさ全てを集めて昇華したようだった。

本編最後を締めくくる一曲は、「LOVE OIL」。「僕の死は/この世界を/貫くだろう/君にだって届けたいことさ」という正直すぎる詩が、胸に突き刺さった。

アンコールを望む観客の歓声に応え、「CMの曲です」と茶目っ気のある一言から始まったのが「POCARI SWEAT」。「この先全て/なんでも上手くいくと思う/間違いない」という歌詞を歌うときのVo.木屋の鋭い視線に、何か固い決意を感じたのは気のせいではないだろう。

2曲目のアンコールは用意されていなかった。会場を色々な曲名が飛び交う中、グラサンのライブが始まる前にVo.木屋が弾き語りで披露していた初期からの楽曲「熱海でバカンス」をバンドで演奏する。パーティーのホストとして、最後まで観客を楽しませた。

グラサンのライブ終了後もパーティーは盛り上がり続け、集まったゲストやグラサンのメンバーによるセッションなど、記憶に焼きつく夜となった。音楽に愛された、グラサンにしか作ることのできない空間であった。

来週からレコーディングが始まるという嬉しいお知らせも。また、来年の2月12日には「Bali High」の第2弾も企画されているとのことだ。

今回遊びに行けなかった人も、次なる伝説を作ってくれるであろうGRASAM ANIMALのパーティーに、遊びに行ってみてはどうだろうか。

文:柴田真希

セットリスト
「Bali High」at 渋谷RUBY ROOM
1.俺たちに夏はない
2.死ぬまでフラミンゴ
3.抱きしめたい
4.風のサンバ
5.Bali High
6.Sir, Fried Monster
7.あの子の心臓に
8.新曲
9.LOVE OIL
En.1 POCARI SWEAT
En.2 熱海でバカンス

イベント情報
「Bali High」Organized by GRASAM ANIMAL
日時:2019年2月12日(火) 開場:18:30 / 開演:19:00
場所:東京・渋谷RUBY ROOM
チケット:1,000円(+2drink)
オフィシャルHP先行:https://l-tike.com/st1/grasamanimal-hp
受付期間:12月6日(木)23:00〜12月16日(日)23:59
チケット一般発売日:2019年2月1日(土)〜