ドイツ人プロデューサーRobin Schulz、2018年最後の「#MOVENIGHT_」でageHa初登場

2018年12月7日 18:40
ドイツ人プロデューサーRobin Schulz、2018年最後の「#MOVENIGHT_」でageHa初登場

ドイツ人プロデューサー/DJのRobin Schulzが、12月15日に東京・新木場ageHaで開催される「#MOVENIGHT_ feat. Robin Schulz」に出演する。ロビンはageHa初登場となる。

ロビンの大ヒット曲「Sugar」はYouTube再生回数3億回以上を記録。その他にも「Sun Goes Down」「OK」など数億回規模の再生回数を誇るヒット曲を持ち、ULTRA JAPAN出演時に日本での人気を証明している。今年4月にはイギリス出身のトップ・プロデューサーJonas Blueを招聘し、大成功を収めた人気パーティ「#MOVENIGHT_」の2018年ラストを飾るにふさわしいブッキングとなった。

ARENAの国内勢は、日本を代表する音楽プロデューサーのKSUKEをはじめ、人気・実力を兼ね備えた若手DJたちがラインナップされている。KSUKEは2015年3月にWarner Music Japan Internationalと専属契約。自身のオリジナル作品の他、国内外アーティスト達のリミックスワークも多数手掛けている。

今や国内を飛び越えて世界中を席巻しているゴーゴーダンサーチーム・CYBERJAPAN DANCERSより、圧倒的な人気を誇るダンス特化型ユニット・TEAM Xもパーティに花を添える。ISLANDではそのCYBERJAPANの大人気パーティ「BIKINI NIGHT WINTER」がスタート。
 

ハッシュタグCP用画像


現在、ageHaのアカウントをフォローしてTwitter、Instagramにハッシュタグ「#MOVENIGHT_」「#ageHarobin」付きで投稿すると、抽選でロビン・シュルツ本人に会えるミート&グリートやTシャツの当たるキャンペーンを実施中。イベント前日の12月14日20:00まで応募を受け付けている。