平井 大、アルバム収録曲「SOUNDS LIKE A LOVE SONG」が海遊館CM曲に

2018年12月7日 17:44
平井 大


平井 大の最新アルバム「WAVE on WAVES」に収録されている「SOUNDS LIKE A LOVE SONG」が海遊館とタイアップを組むことが決まった。

今回選ばれたのは海遊館の「海月銀河とイルミネーション」のテレビCMタイアップで、最新アルバム「WAVE on WAVES」に収録されている「SOUNDS LIKE A LOVE SONG」が選定された。

海遊館の冬のイルミネーション開催は今年14回目を迎え、大阪港の冬の風物詩としても知られている。ロマンチックなイルミネーションと、甘くやわらかな歌詞とメロディが人気の平井 大ソングとの相性は抜群と言えるだろう。「SOUNDS LIKE A LOVE SONG」を聴きながら海遊館へと足を運ぶのが、この冬の鉄板デートプランになりそうだ。

平井 大といえば先日、新曲「THE GIFT」が2019年3月1日公開の『映画ドラえもん のび太の月面探査記』の主題歌に決定したことが話題となったが、つい数日前にもアパマンショップ「AIスマートルームキャンペーン」のCMタイアップにも決定したばかり。彼のシンガーソングライターとしての実力は「ストレートで甘い歌詞が良い」「声が魅力的」「ギターやウクレレのパフォーマンス力が凄まじい」などと前々から注目を浴びていたが、立て続けにタイアップに抜擢された。

また、楽曲の良さで業界各所から注目を集めている平井 大だが、演出やセットなど細部まで拘った全国ツアーも人気だという。現在まさにツアーの真っ最中で、今月15日には追加公演・ツアーファイナルとなる幕張メッセイベントホールでのライブ開催も控えている。