北斗の拳 35周年記念イベント「伝承式」に布袋寅泰、武論尊、原哲夫が登場、総重量約1トンの「北斗の拳」石版を初披露

2018年9月13日 17:14
北斗の拳 35周年記念イベント「伝承式」


漫画「北斗の拳」の出版35周年を記念した「北斗の拳 35周年記念イベント『伝承式』」が9月13日に東京・赤坂ガーデンシティで行われ、北斗の拳の原作者・武論尊先生、漫画家・原哲夫先生、そしてスペシャルゲストとして布袋寅泰が登場した。

イベント当日の9月13日は35年前に初めて「北斗の拳」が週刊少年ジャンプに掲載された日であり、この日、日本記念日協会より「北斗の拳の日」として認定。認定式も行われた。

「北斗の拳」が35周年を迎えたことについて、武論尊先生は、「連載を始めたときは、35年経っても皆さんに覚えていてもらえるとは思っていなかった。本当に感謝しかありません。原作を書いている間は原先生とは会っていないので、ずっと作品の中で戦っていたように思います。それが上手いこと北斗の拳に生きたのかなと思っています」と感想を述べ、それを受けた原哲夫先生が「僕は戦っているつもりなんて全然なっかったですよ」と答え、会場が笑いに包まれる場面も。

続いて、記念楽曲「202X」を書き下ろし、ケンシロウ・ラオウとバーチャルバンドを結成した布袋寅泰が登場。原先生と学年が一緒だという布袋は、「北斗の拳の連載が始まる1年前にBOØWYというバンドでデビューしました。35年という月日の長さは同じように感じていますし、また、長い時を経ても作品を愛してくださる方々がたくさんいらっしゃる。35年経っても色あせないクリエイティブの力強さを感じています」と、作品への印象を語った。
 

北斗の拳 35周年記念イベント「伝承式」
▲石版「北斗の拳」。第1話が48枚に渡り刻まれている


また、「1万年伝承される北斗の拳」というコンセプトのもと、「北斗の拳」第1話全48ページと、35周年記念描き下ろしビジュアルを、古来より最強の記録媒体とされている「石」に彫り入れた総重量約1トンの「北斗の拳」石版が初お披露目された。

さらに、布袋寅泰の「202X」の楽譜も石版化し、9月14日よりキラリナ京王吉祥寺にて期間限定で展示される。展示終了後は、被災地支援のために希望者に向けチャリティーオークションを開催するそうだ。

また、「北斗の拳」連載開始35周年&「週刊少年ジャンプ」創刊50周年W記念企画として、ファン投票で選ばれた人気ベストシーンTOP10などを収録した「北斗の拳ジャンプ」も9月13日に発売される。
 

北斗の拳 35周年記念イベント「伝承式」
▲北斗の拳ではおなじみのザコが石版を持って登場


 

北斗の拳 35周年記念イベント「伝承式」
▲布袋寅泰が書き下ろした35周年記念楽曲「202X」の楽譜を刻んだ石版