水カン、初の海外撮影「ユニコ」MVでコムアイがシンガポールの街中を漂う

水曜日のカンパネラ
水曜日のカンパネラが、昨年6月22日にリリースしたEP「UMA」収録曲「ユニコ」のミュージックビデオが公開された。

「ユニコ」は、手塚治虫の作品「ユニコ」からインスパイアを受けた楽曲。水曜日のカンパネラとしては初めて海外で撮影された今回のMVは、「アラジン」「松尾芭蕉」「ツチノコ」「メデューサ」を手がけた山田智和監督が監督・撮影を行なっている。

MVは、今年1月に出演したシンガポールの「Laneway Festival」の合間をぬってシンガポールの街中で撮影。街中の空気に誘発され踊り出したコムアイを収めた映像で、軽やかに踊りながら様々な場所を漂うようにステップしていくコムアイが、風に吹かれながら行く先々で人々に幸せをもたらしながら旅をする原作の「ユニコ」の世界観ともマッチした作品に仕上がっている。

水曜日のカンパネラ「ユニコ」ミュージックビデオ



関連リンク

水曜日のカンパネラ オフィシャルサイトhttp://www.wed-camp.com/

アーティスト情報

関連記事RSS