祝!奥田民生50歳「奥田民生50祭“もみじまんごじゅう”」が地元広島で開催、豪華ゲストも続々登場

2015年5月13日 22:15

「奥田民生50祭 もみじまんごじゅう」5月11日
5月12日に50歳を迎える奥田民生を祝うイベント「奥田民生50祭“もみじまんごじゅう”」が民生の地元である広島で開催された。

ユニコーンでは恒例となっているメンバーの50歳を祝うイベント。メンバーとしては3人目に50歳を迎える民生(1人目:川西幸一・2人目:手島いさむ)だが、2日間で4000枚のチケットは瞬く間にソールドアウト。プレミアイベントとなった。

ラインナップは5月11日は、地球三兄弟と奥田民生~バンドMTR&Y~そしてユニコーン。地球三兄弟は、THE EARTH(桜井秀俊)とスパ de SKY(YO-KING)の真心ブラザーズの二人と、Oしゃん(奥田民生)からなるユニットで、サポートには、奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)と伊藤大地(SAKEROCK)の二人が固める。奥田民生~バンドMTR&Y~は、いつものバンドメンバー、小原礼(Bass)、湊雅史(Drums)、斎藤有太(Key)で出演。

5月12日は、“サンフジンズ”と“奥田民生~弾き語り~”、そして“ユニコーン”。サンフジンズは、奥田民生・岸田繁(くるり)・伊藤大地(SAKEROCK)からなる3ピースバンド。そして、二日目の奥田民生は、弾き語りスタイルでの出演となった。

またチケットにはダウンロード音源として新曲2曲、タイトルは奥田民生作詞作曲の新たな決意をシニカル、かつゆるーくブルージーに歌うアニバーサリーソング「私はオジさんになった」と、メンバーからOTに捧げた民生のハイトーンヴォーカルも必聴のHM/HRソング「ロック! クロック! オクロック!」がついており、こちらもライブで演奏。更にこの模様は全国20ヶ所の映画館・ライブ会場にてライブ・ビューイングにて放映され、全国のファンも各地で声援を送っていた。


奥田民生50祭“もみじまんごじゅう”DAY1 ライブレポート

「奥田民生50祭 もみじまんごじゅう」5月11日
奥田民生生誕50歳前夜ということで開演前からお祝いムードの広島文化学園HBGホール。今回のお祭りの最初のアクトは奥田民生~バンドMTR&Y~。お馴染みのバンドメンバー、小原礼(Bass)、湊雅史(Drums)、斎藤有太(Key)と奥田本人がステージに揃い「最強のこれから」からライブがスタート。本人から「ありがとう~、誕生日ありがとう~」というコメントが飛び出すと会場は和やかなムードに。「(今日は)先が長いんでセーブしたいと思います、ペース配分が分からないし、明日もあるからね(笑)」という流れからしっとりと始まった「スカイウォーカー」で、すっかりと会場は<民生ワールド>に。ヴォーカリストとしても唯一無二の個性を持つ奥田の歌声でホールが満たされた。「なんでもっと」を歌い終わると、「思えば川にっつぁん(川西幸一)が50になったときにあんなことをやったばっかりにやらないと行けない流れになって…来年はABEDON(阿部義晴)が50になってそんなことをしているうちに川にっつぁんが今度は60になっちゃう(笑)。それにこのタイミングでカープが凄いとこになっていますが、引続き応援のほどよろしくお願いします」と地元愛たっぷりのいかにも奥田らしいコメント。ラスト2曲演奏した「イージュー★ライダー」、「風は西から」新旧のヒット曲はオーディエンスも大合唱でMTR&Yは出演を終えた。

「奥田民生50祭 もみじまんごじゅう」5月11日
続いて登場したのは地球三兄弟。地球三兄弟は、THE EARTH(桜井秀俊)とスパ de SKY(YO-KING)の真心ブラザーズの二人と、Oしゃん(奥田民生)からなるユニット。そして本日はサポートとして、奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)と伊藤大地(SAKEROCK)の二人も出演。ステージ上にTHE EARTH以外の4人が揃うと、最後に真っ赤なラメのジャンプスーツにみを包んだTHE EARTHが登場し、会場は大爆笑、そのまま西城秀樹の「傷だらけのローラ」の<ローラ>を<Oしゃん>に変えて歌い出し、更に会場は盛り上がりをみせる。「Oしゃん、おめでとう」というTHE EARTHは「ローリーに借りていたピンクから今日のために新調したスーツです!」と衣装が新作であることをアピール。会場大爆笑のまま「呼びにきたよ」「アースより愛を込めて」を演奏。Oしゃんが「この二人が良かったころの曲を…」と言い出すと「終わったみたいに言わないでよ(笑)」とTHE EARTH。名曲「サマーヌード」が演奏され、最初にヴォーカルを取ったのはOしゃんで、この贅沢なコラボレーションまま「絵」まで終了すると、スパ de SKYがドラムに移動、伊藤大地は<口笛を担当>ということでパートチェンジ。さらにTHE EARTHは何とヴァイオリンを持って「アースの休日」を演奏し大歓声。地球三兄弟のステージは朗らかなエンタテイメントがそこかしこに散りばめられている。ここで伊藤大地が舞台を降り、Oしゃんがドラム&ヴォーカル、スパ de SKYがベースを担当して「うかんでいる」を披露すると最後のナンバー「すっごい汗」に。奥野真哉も袖にはけると地球三兄弟のメンバーだけがステージに残った。THE EARTHが「僕もふたりと同じスーツ作ってもらったんですけど、切る機会が無いんですよ」と言いつつ非常にピースな空間を作り上げて地球三兄弟のステージが終了した。

「奥田民生50祭 もみじまんごじゅう」5月11日
そしてセットチェンジの後、満を持してユニコーンが登場。古いガレージを彷彿とさせるような鉄むき出しのステージに天井からは鎖がかかり、中央にはユニコーンのメタルロゴがセッティングされ、上下に積み重ねられたマーシャルのアンプがまるでAC/DCばりに積み上げられた<ロック>なセットの中、「Loudness」が鳴り響く。ハードロック&ヘビーメタル・テイストの黒いつなぎに身をまとい長髪のウィッグにサングラスを付けたメンバーが登場し、会場は割れんばかりの歓声に。最後に奥田民生ことOTが登場し、最初に演奏したのは新曲「ロック!クロック!オクロック!」。ヘヴィなサウンドとステージ上に仕掛けられた火柱の演出で一気に会場のムードがハイテンションに。そしてステージに映しだされたスクリーンにはそんなハードなサウンドと裏腹のいかにもユニコーンらしい洒落っ気たっぷりのシュールな歌詞に笑うオーディンエンスが続出している。演奏を終え、ウイッグを取ると大ヒットナンバーの「大迷惑」へ。OTによる「広島ー!」の掛け声のもと、先ほどがマックスかと思われた会場のテンションがもう一段高くなる熱狂っぷりだ。それに応えるようにOTもステージ左右を移動してオーディエンスを操っている。畳み掛けるようにユニコーン再結成後最初のヒット曲「WAO!」へ。ヴォーカルを取るABEDONはサビの<WAO!>を<50!>に変えて祝福ムードを盛り上げ、「奥田くん50歳おめでとう!」と今日数度目となるお祝いコメントにユニコーンのメンバー全員が笑顔になっているのが印象的だった。そして「ロック幸せ」「ペケペケ」と往年の名曲披露に、幸運にもこの公演のチケットを手に入れて会場でユニコーンと一体になれるファンの歓喜が伝わってくる。次から次へと投げ込まれるまるで主役の楽曲にオーディエンスも休む暇が無い。そして最新のアルバム『イーガジェケジョロ』よりこのセットにぴったりな「ユトリDEATH」を。OTのヴォーカルの太さ、伸び、存在感が堪能できるこの曲が歌い終わると、もう一つの新曲「私はオジさんになった」を披露。現代批評とも取れるシニカルな歌詞が染みわたる奥田民生の真骨頂とも言える内容に改めてミュージシャン、奥田民生の懐の大きさを実感できた。「「私はオジさんになった」に比べると「ロック!クロック!オクロック!」はカロリーの消費量が80倍くらい違う(笑)」と笑わせるとオーディエンスにも手拍子を促しつつ「はいYES!」へ。演奏が終わるとABEDONがステージ上の定位置から降りてきて「SAMURAI5」を演奏、今日何度目かのピークが会場を包んでいた。本編のラストはお馴染み「Feel So Moon」。会場でグッズとして販売されていたライトが会場中で照らされるなか、「ありがとうございました!」という奥田民生。

「奥田民生50祭 もみじまんごじゅう」5月11日
そして少しのインターバルを置いてアンコールへ。まずは手島とABEDONが「Smoke On TheWater」のリフをセッションして盛り上げる。ABEDONのギターには電飾が仕掛けられており、それが光る様子にも歓声が上がる。そんな中にひとりプレスリー風にもみあげをつけて、衣装を変えたOTが登場。会場はまたもや大爆笑の歓迎ムード。前回の『イーガジャケジョロツアー』のアンコールのツアーの際に名物コーナーとなっていたABEDONのボイスチェンジャー付きMCマイクをここでABEDONがOTへパス。「今日はどうもありがとう、アンコールどうもありがとう」とOTのハイトーンボイスになったMCにまたもや大爆笑、そして「人生は上々だ」が披露された。アンコールのラストは「すばらしい日々」。ユニコーンらしい爽快感を残しながら3部に別れた<奥田民生50祭“もみじまんごじゅう”>も終了。「それでは次はEBIの50祭をお楽しみに!」のOTからのMCに会場中のファンが、また楽しみを一つ増やしたに違いない。まさに<楽しければ何でもあり>と言わんばかりに貪欲にエンタテイメントを追い求めるユニコーンがスピードを緩めるどころか、加速させている印象を受けるような<奥田民生>ずくしの5月11日が閉幕した。


奥田民生50祭“もみじまんごじゅう”DAY2 レポート

「奥田民生50祭 もみじまんごじゅう」5月12日
奥田民生の誕生日当日の5月12日の「奥田民生50祭“もみじまんごじゅう”」は、前日以上に祝福ムードが漂う中で幕開け。場内が暗転するとあたたかな拍手が沸き起こり、主役である奥田を歓迎した。普段通りふらりと登場した彼は、ギシギシと鳴る事務椅子に座り「はい。よろしくお願いします」とひょうひょうと挨拶。そして50歳初のライブを、「ひとりカンタビレのテーマ」から淡々とスタートさせた。曲が終わると奥田はペコリと頭を下げ、「奥田民生です。50歳おめでとうございます」と自らを祝福する。「正直、昨日で体力を使い果たしてしまいまして。2回目の最初が弾き語りでよかったです。弾き語りしか手を抜くことができません」といつもの調子でぼやきファンを爆笑させる。

しかし演奏が始まれば、奥田は瞬時に引き締まった表情に。哀切を帯びたギターが叙情的な歌声と溶け合った「荒野を行く」、のんびりとした空気が味わい深い「かいあって」、メトロノームにあわせて軽快に歌い上げられた「マシマロ」でオーディエンスを魅了していく。さらに盟友・斉藤和義のヒット曲「ずっと好きだった」「やさしくなりたい」のイントロを軽く爪弾き会場を沸かせるなど、サービス精神旺盛な一面も見せた。またMCでは突然、「私、独立することになりまして。レコード会社を作ることになりました」と「RCMR(ラーメンカレーミュージックレコード)」の設立をアナウンスしてファンを驚かせる場面も。最後は名曲「イージュー☆ライダー」を観客とともに大合唱して50歳初ステージを終えた。

「奥田民生50祭 もみじまんごじゅう」5月12日
2番手を務めるのは、カイ ギョーイこと奥田民生、ジューイ ラモーンこと岸田繁(Vo, G)、ケン シューイこと伊藤大地(Dr)によるサンフジンズだ。ユニフォームである白衣を着用してステージに現れた3人は、1曲目としてゴキゲンなロックチューン「富士夫人」を投下。間奏ではカイ ギョーイとジューイ ラモーンがギターをかき鳴らし会場の熱気をぐいぐいと高めた。ジューイ ラモーンはMCで「OTおめでとーう」と50歳を迎えたカイ ギョーイを祝い、そのままメンバー紹介へとつなげる。そして「俺ら医者なんですよね。医者といえば注射じゃないですか」と言うと、グルーヴィなギターリフの上にユニークな歌詞が乗る「ハリがないと」を熱演。さらに3人の豪快なセッションが展開される「サーフジーンズ」、ジューイ ラモーンのまったりした歌声が魅力のミディアムナンバー「パン屋さん」が披露された。その後もカイ ギョーイとジューイ ラモーンによるツインボーカルを生かした多彩な楽曲を通してバンドの振り幅の広さをアピールしたサンフジンズ。カイ ギョーイは「サンフジンズ、レコーディングしてまして。アルバム出ます」「サンフジンズこれからもよろしくお願いします! フェスとか呼んでね」とアピールし、最後は「ありがとーう!」と朗らかに
叫んで舞台袖へと消えていった。

「奥田民生50祭 もみじまんごじゅう」5月12日
トリのユニコーンは、初日同様にメタルバンドのライブをイメージさせる重厚なセットの中でパフォーマンスを敢行。そろいの黒いつなぎに身を包んだ5人は、火炎や花火が上がる中で新曲「ロック!クロック!オクロック!」をプレイすると、往年の名曲「大迷惑」、近年のライブの定番曲「WAO!」を続けて披露した。奥田はマイクを手に普段以上にステージを動き回り、ファンをおおいに盛り上げるも、MCになった途端に「もう大変っすね。コレ、祝ってもらってるんですかね? できれば部屋にいたい」とぼやく。すると手島が「ダメです」とピシャリと返し会場を爆笑させた。

なお初日は中盤に「ロック幸せ」が披露されたが、この日は「I'M A LOSER」が演奏されオーディエンスを驚かせた。スピーカーから「届かない 身動きも出来ない」という冒頭のフレーズが流れ出すと場内は騒然。奥田は両手でマイクを包みながら、シャウト混じりの歌声で懐かしの1曲を歌い上げてみせた。一転してテンポがゆったりめの最新曲「私はオジさんになった」で自分のペースを取り戻した奥田は、「これからは全部こういう曲にしようぜ。ラクだもん」「この2日間は疲れたよ……」と本音を吐露。しかし「広島で50歳を迎えられてよかったです」とはにかみ、「横浜もお越しください。EBIすごいことになるから」と10月に神奈川・パシフィコ横浜で行われるEBIの50歳記念ライブイベントを力強くアピールした。

「奥田民生50祭 もみじまんごじゅう」5月12日
アンコールが始まると、手島とABEDONがDeep Purple「Smoke On The Water」のセッションで奥田を迎える。アンパンマンのお面を被って現れた奥田は、金の扇子を手にしながらステージを練り歩き「人生は上々だ」を朗々と歌い上げた。なお曲の途中では、ボイスチェンジャー付きマイクを使いながら会場を盛り上げたり、メンバーと茶番を繰り広げたりと自由奔放なステージングを展開する。奥田は「今日はどうもありがとう」と何度も繰り返したのち、ライブを再開させようとするもメンバーはなぜか非協力的。いぶかしがる奥田からマイクを奪ったABEDONが歌い出すと、いつしか「Happy Birthday to You」の演奏が始まり、後輩のPUFFYがワゴンに乗ったバースデーケーキを押しながら姿を見せた。サプライズに恐縮する奥田だが、メンバーに促されてうれしそうにロウソクの火に息を吹きかける。5本のロウソクの火が消えると、会場中から「おめでとう!」の声が響く。そして奥田は「ありがとーう!」と感謝の思いをシャウトすると、「人生は上々だ」を最後まで歌い切った。「この喜びは3日後にくる。ありがとうございました! 次回は『海老乃大漁祭』です。EBIが海老を獲ってきて配るそうです」と勝手に公約したあと、奥田がメンバーとともに届けたのは「すばらしい日々」。しみじみとした余韻が残る中で「ありがとう! 広島ー!」という奥田のシャウトがホールいっぱいに響き、「奥田民生50祭“もみじまんごじゅう”」は大団円を迎えた。

「奥田民生50祭 もみじまんごじゅう」5月12日
撮影:山本倫子

<セットリスト>
DAY1
■奥田民生〜バンドMTR&Y〜
01. 最強のこれから
02. 御免ライダー
03. イナビカリ
04. スカイウォーカー
05. なんでもっと
06. 快楽ギター
07. イージュー★ライダー
08. 風は西から

■地球三兄弟
01. 傷だらけのローラ
02. 呼びにきたよ
03. アースより愛をこめて
04. サマーヌード
05. 絵
06. アースの休日
07. うかんでくる
08. すっごい汗

■ユニコーン
01. ロック!クロック!オクロック!
02. 大迷惑
03. WAO!
04. ロック幸せ
05. ペケペケ
06. ユトリDEATH
07. 私はオジさんになった
08. はいYES!
09. SAMURAI 5
10. Feel So Moon
<アンコール>
11. 人生は上々だ
12. すばらしい日々

DAY2
■奥田民生〜弾き語り〜
01. ひとりカンタビレのテーマ
02. The STANDARD
03. 荒野を行く
04. かいあって
05. マシマロ
06. イージュー☆ライダー

■サンフジンズ
01. 富士夫人
02. さっさっサンフジンズ
03. ハリがないと
04. サーフジーンズ
05. パン屋さん
06. じょじょ
07. ふりまいて
08. サンフジンズのテーマ

■ユニコーン
01. ロック!クロック!オクロック!
02. 大迷惑
03. WAO!
04. I'm a loser
05. ペケペケ
06. ユトリDEATH
07. 私はオジさんになった
08. はいYES!
09. SAMURAI 5
10. Feel So Moon
<アンコール>
11. 人生は上々だ
12. すばらしい日々


]]>
textユニコーン オフィシャルサイト:http://www.unicorn.jp/
ユニコーン 奥田民生50祭“もみじまんごじゅう”特設サイトhttp://www.unicorn.jp/special/ot50event/
SMA☆アーティストhttp://smam.jp/unicorn/(携帯・スマホのみ)]]>
feed/label/unicorn.xml_self5