平井武士、アルバム「Rays of the jet」に声優グループ・スフィアも“掛け声”で参加

2014年9月2日 23:30

平井武士
ギタリスト平井武士(ひらい・たけし)の4年振り2枚目のソロ・アルバム「Rays of the jet」(レイズ・オブ・ザ・ジェット)が10月8日に発売されることが決定した。

ソロ・デビュー・アルバム「jetism」から4年、人気フュージョン・バンドTRIXを2011年に脱退後初となる2ndソロ・アルバムが完成した。現在は4人組の声優グループ、スフィアのバックでバンド・リーダーを務め、近年ではバンド・メンバー紹介の際に平井が紹介されると、会場のサイリウムがイメージ・カラーの赤一色に染まるほど、スフィア・ファンにもその存在が浸透。

スフィア
今作はオリジナル曲のギター・インスト・ナンバーを中心にしつつも、西城秀樹「Y.M.C.A(YOUNG MAN)」のカバーでは、なんと贅沢にもスフィアのメンバー全員による“掛け声”参加が実現。その他にも沢田研二「勝手にしやがれ」やクラシックの名曲ショパンの「別れの曲」のカバーにも挑戦。

また、TRIX在籍時の盟友ベーシスト須藤 満も参加し、これまでのTRIXファンや本格的なフュージョン・ファンはもちろんのこと、「カバー曲以外のオリジナル曲も、明るくノリの良い楽曲を意識して収録した」というだけあって、幅広い層に受け入れられるポップな作品に仕上がっている。


]]>
text平井武士 オフィシャルサイトhttp://jetism.net]]>
feed/label/jetism.xml_self5