人間椅子、新作「萬燈籠(まんどろ)」詳細発表&コメント到着

2013年7月10日 20:45

人間椅子

今年5月の「OZZFEST JAPAN 2013」に出演しその存在感を示した人間椅子が8月7日に発売する新譜「萬燈籠」の詳細が解禁された。前作20thアルバム「此岸礼讃」以来2年ぶりの新譜に今から期待が高まる。

ボーカルの和嶋慎治からのコメントも到着したのでここに紹介する。

---

「萬燈籠(まんどろ)」
──およそすべての現実は、永遠に未然のままの幻想だろう。
そこに意味を付けるのは、君自身だ。──

人間椅子が世に出るきっかけとなったのは、25年前のTV番組「イカ天」でした。
出演した当時、確かに自分たちは大きなうねり(大げさではなく、運命といって
いいと思います)の中にいると感じたものです。お陰さまで、CDデビューを果たす
ことができました。
今年の5月に、人間椅子は「オズフェスト・ジャパン 2013」に出させていただき
ました。出演が決定した時から、今自分たちは再び大きなうねりの中にいる──
身震いしながら、ひしひしと、そう感じてきました。何といっても世界的なロック
イベントですし、自分たちの尊敬して止まないブラックサバスと同じステージに
立つのです。猛練習を重ね、盤石の態勢でその日に備えました。運命の果実を
手にしていると自覚しながら臨むステージは、格別の素晴らしさがありました。
そうして、予想以上の好反響が返ってきました──。

萬燈籠のレコーディングは、オズフェスト出演後すぐに入りました。プレッシャーが
なかったといえば嘘になります。明らかに以前より注目が集まっている中での
レコーディング──しかしそれこそミュージシャン冥利に尽きるものであり、持てる
力のすべてを出したとは自負しております。
萬燈籠のコンセプトは、
「この世界というのは、実は無限の可能性に満ちたダイナミックなものなのでは
ないのか。現実とは、その人その人が捉えた(選んだ)世界が現出していること
を指すのではないか。そして本来世界に限界がないのだとすれば、まさに芸術や
表現といったものは(その非日常性と創造性ゆえに)、有限と思い込んでいる地平
から一瞬間連れ去ってくれるもの、永遠と無限とをハッと気付かせてくれるものと
いえはしまいか」
やや硬い言い回しですが、このようなものです。
人間椅子らしい味付けで、奇妙なもの、幻想的な作品を心掛けました。根底に
あるのは、現実の否定ではなく、肯定、そしてそこからの飛翔です。
ジャケットデザインには、誰しもが幻想を覚えるところの月をあしらいました。

が、皆さんすべてに何も問題意識を持てといっているわけではありません。
このアルバムを聴いて、「カッコいいね」「戦慄した」「気持ち悪くて笑っちゃった」

と少しでも思っていただけたら、幸甚の至りです。

和嶋慎治(人間椅子)

---

そして、9月から「人間椅子レコ発ツアー 〜萬燈籠〜」も決定している。

視聴音源「此岸御詠歌」


人間椅子「萬燈籠」収録曲
01.此岸御詠歌
02.黒百合日記
03.地獄変
04.桜爛漫
05.ねぷたのもんどりこ
06.新調きゅらきゅきゅ節
07.猫じゃ猫じゃ
08.蜘蛛の糸
09.十三世紀の花嫁
10.月のモナリザ
11.時間からの影
12.人生万歳
13.衛星になった男


]]>
textリリース情報
人間椅子「萬燈籠」
アルバム「萬燈籠」

2013年8月7日発売
TKCA-73939 3,000円(税込)

ライブ・イベント情報
9月14日(土)青森県野外フェス「夏の魔物」
11月3日(日)“LIVE DVD 発売記念ツアー「四半世紀中」”
出演:筋肉少女帯 / 人間椅子
会場:大阪BIGCAT

ツアー情報
人間椅子レコ発ツアー ~萬燈籠~
9月12日(木)札幌BESSIE HALL
9月15日(日)青森Quarter
9月16日(月・祝)仙台enn2nd
9月20日(金)博多DRUM Be-1
9月21日(土)熊本DRUM Be-9 V1
9月23日(月・祝)大阪ROCKTOWN
9月24日(火)神戸CHICKEN GEORGE
9月26日(木)名古屋Electric Lady Land
9月29日(日)渋谷O-WEST「おどろの日」
9月30日(月)渋谷O-WEST「どろろの日」
※全公演のチケット一般発売 7月21日(日)各プレイガイドにて]]>
text人間椅子オフィシャルサイトhttp://ningen-isu.com/
人間椅子レーベルサイトhttp://www.tkma.co.jp/j_pop/ningenisu/
人間椅子公式ブログhttp://ningenisu.exblog.jp/]]>
feed/label/ningenisu.xml_self5