音楽評論家、桜井ユタカ氏が肺炎のため死去

2013年6月14日 21:00

ブラックミュージックの音楽評論家、桜井ユタカ氏が11日、肺炎のため死去した。享年71歳。

1972〜2004年に発行されていたソウル、ブラックミュージック専門誌「SOUL ON」の主催者でもある桜井氏は、「ミュージック・ライフ」等の音楽誌編集に携わった後フリーランスに転向。以降は雑誌、ライナーノーツなどを多数執筆し、ブラックミュージックを日本に広めた功労者として知られていた。

音楽評論家の吉岡正晴氏もこの訃報に対しお悔やみを述べるとともに、自身のブログに桜井氏との思い出や功績を綴っている。


吉岡正晴のソウル・サーチン
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11551062725.html