ユア・フェイヴァリット・エネミーズ、日本デビューアルバム3/20発売

2013年3月7日 2:45

ユア・フェイヴァリット・エネミーズ

2006年にカナダのモントリールで結成された6人組のロック・バンド、ユア・フェイヴァリット・エネミーズの日本デビューとなるアルバム「Between Illness And Migration」を、世界に先駆けて3月20日に発売する。

メンバーはアレクス・フォスター(Vo)、ジェフ・ビューリウ(G)、セフ(G)、ベン・レメリン(B)、チャールズ“ムース”アリッシー(Ds)、そして、紅一点のキーボード兼シンガーのミス・イザベルで構成されている。

現在はケヴェック州を拠点としており、結成当初から自らの手でアルバム制作からプロモーション、ライヴ活動を行う「D.I.Y.」(“Do It Yourself”)の精神を掲げてバンドの運営を行い現在に至る。

2007年6月、自主レーベル「Hopeful Tragedy Record」より1st EPである「And If I Was To Die In the Morning…Would I still Be Sleeping With You」(セルフ・プロデュース曲5曲+ボーナス・トラック1曲の計6曲)をリリース。 2008年6月には2ndアルバム「Love Is A Promise Whispering Goodbye」をリリース。アルバム・リリースと並行して積極的なライヴ活動を行い、世界各地で強力なファンのコミュニティを築き、やがて、その熱が世界中に拡散、徐々にバンド名を広げていく。

日本では2008年に同郷のシンプル・プランのジャパン・ツアーに同行し、初の大規模なジャパン・ツアーを行った他、同年12月、ゲーム・コンポーザー石元丈晴作曲の「DISSIDIA FINAL FANTASY」のサウンド・トラックにも参加し、英詞による挿入歌「Cosmos」「Chaos」が使用された(石元氏の作曲、作詞はアレックスが担当)。

また、バンドは国際連合との協議資格をもつNGO団体の「アムネスティ・インターナショナル」のスポークスマンとしても活動している。

2011年3月11日に起きた東日本大震災の際には来日し、チャリティー活動やチャリティー・ライヴを行い、その様子は新聞などでも取り上げられている。 一方、母国カナダで最も大きい音楽ビジネス・イベント「Canadian Music Week」にも参加し、2008年にはアメリカBillboard Magazineが選ぶ注目バンドTOP5の1つとしても紹介された。

これまで主だったアルバム契約はしておらず、その動向が注目されていたが、2012年、日本ではキングレコードとの契約が成立、日本デビューアルバムの発売となった。

YOUR FAVORITE ENEMIES「I JUST WANT YOU TO KNOW」MV
http://www.youtube.com/watch?v=w6ulH05JkcA


ユア・フェイヴァリット・エネミーズ「ビトウィーン・イルネス・アンド・マイグレイション」収録曲
01. SATSUKI YAMI
02. EMPIRE OF SORROWS
03. ANYONE
04. A VIEW FROM WITHIN
05. WHERE DID WE LOSE EACH OTHER
06. UNDERNEATH A STRETCHING SKYLINE
07. FROM THE CITY TO THE OCEAN
08. I JUST WANT YOU TO KNOW
09. 1-2-3(ONE STEP AWAY)
10. LITTLE SISTER
11. OBSESSION IS A GUN
12. MUETS AUX TEMPS DES AMOURS
13. OLD NOISY FRIEND (LIVE FROM THE BLA BLA BLA: THE LIVE SHOW) *
*日本盤ボーナス・トラック


]]>
textリリース情報
ユア・フェイヴァリット・エネミーズ「ビトウィーン・イルネス・アンド・マイグレイション」
アルバム「ビトウィーン・イルネス・アンド・マイグレイション」

2013年3月20日発売
KICP-1636 2,200円(税込)
日本先行発売/ボーナス・トラック1曲収録
日本盤オリジナル・ジャケット仕様]]>
textオフィシャルサイト(日本語)http://yourfavoriteenemies.com/main/?lang=ja]]>
feed/label/SPICY_CHOCOLATE.xml_self5