一夜限りの「坂道のアポロン」ライヴ開催、即完チケットを入手したファンが熱狂

一夜限りの「坂道のアポロン」ライヴ開催、即完チケットを入手したファンが熱狂

8月27日、あの“薫ピアノ”と“千太郎ドラム”が間近で体感できるということで話題となった「坂道のアポロン JAZZ LIVE」がモーション・ブルー・ヨコハマで開催された。

劇中の薫と千太郎の演奏を吹き替える松永貴志(Pf)と石若駿(Dr)のデュオを中心に、ゲストには曽根麻央(Tp & Vo)を迎えた。劇中に登場するジャズを再現しながらも、ジャズライヴらしく即興も交えた型にはまらないパワフルなパフォーマンスに、最初から最後まで観客全員の目が釘付けとなった。

一夜限りの「坂道のアポロン」ライヴ開催、即完チケットを入手したファンが熱狂

1stステージでは、コミック原作者の小玉ユキ、アニメ監督の渡辺信一郎が、そして2ndステージでは、薫・千太郎・律子の声優を務める木村良平、細谷佳正、南里侑香が観客として来場していただけでなく、その場からステージの松永と石若に向けてライヴの興奮と感動を伝える場面もあり、サプライズに会場は大興奮。

プログラムは、アニメに登場するジャズ曲をほぼ網羅しており、千太郎ドラムソロから始まり、アンコールは主題歌「坂道のメロディ」のジャズアレンジ。

一夜限りの「坂道のアポロン」ライヴ開催、即完チケットを入手したファンが熱狂

たったの1時間とは思えない非常に満足度の高い内容だった。中でも話題となった第7話の“文化祭メドレー”や、最終回のオルガンによる“Ending Moanin’”の再現は、まさにアニメを飛び出した「薫ピアノ」と「千太郎ドラム」による生のセッション。大きな拍手が会場を包みこみ、最高潮の盛り上がりとなった。

アニメ「坂道のアポロン」は、放送期間を終えた(一部の地域を除く)後も盛り上がりをみせる。好評発売中の2タイトルのオリジナル・サウンドトラックはいまだAMAZONのジャズチャート上位にあり、Blu-ray&DVDの発売も続いており、ライヴで再現した文化祭シーンが登場する3巻が9/28リリース。さらには原作コミック番外編とオフィシャルファンブックも11月に発売を予定しており、まだまだこれからも私たちを楽しませてくれる作品となりそうだ。


Information

リリース情報
「アニメ『坂道のアポロン』オリジナル・サウンドトラック プラス more & rare」
「アニメ『坂道のアポロン』オリジナル・サウンドトラック プラス more & rare」
2012年7月25日発売
ESCL 3879 2,500円(税込)

アニメ「坂道のアポロン」オリジナル・サウンドトラック
「アニメ『坂道のアポロン』オリジナル・サウンドトラック」
ESCL3874 3,059円(税込)
劇中で演奏される名曲ジャズ・菅野よう子書き下ろしオリジナル楽曲等、新録全24曲
サントラ特設サイトで全曲試聴可。

関連リンク

アニメ「坂道のアポロン」オリジナル・サウンドトラック特設サイト:http://www.apollon-jazz.com/
アニメ「坂道のアポロン」公式サイト:http://www.noitamina-apollon.com