MJCアンサンブル、世界各国の大使に向けて感謝の歌声

MJCアンサンブル、世界各国の大使に向けて感謝の歌声

福島県南相馬市を中心とする少女合唱団のMJCアンサンブルが、東京・ホテルオークラで開かれた世界148カ国の各国駐日大使夫妻が招かれた式典で、148カ国の大使、並びに関係者の前で感謝とお礼を述べた。

観光庁長官・溝畑氏からの紹介を受け、MJCアンサンブルが登壇すると、各国から拍手が巻き起こり、そのまま「明日という日が」と「Pray」の2曲を歌い上げた。歌い終わった後の拍手は登壇する直前とは比べ物にならないほどの大きさだった。

大使の中には涙を流している方々もいたことから、言葉違えど、彼女らの苦難とそれを一生懸命乗り越えようとする姿が心に響いたのだろう。

最後は、招待して頂いたサンマリノ共和国・カデロ大使と観光庁長官・溝畑氏から感謝状を手渡された。

MJCアンサンブルの新しい代表である太田氏は「今日は素敵な場所に呼んで頂いてありがとうございます。まだまだ南相馬市は厳しい状況が続いています。しかし、これからも一生懸命歌って、頑張っていきます!」とコメントして、その場を締めくくった。

http://www.youtube.com/watch?v=GqKrwx2sNXU&feature=youtube_gdata



関連リンク

MJCアンサンブルHP:http://mjcensemble.web.fc2.com/

アーティスト情報

関連記事RSS