風見しんご27年振りシングルは秋元 康プロデュース、長女への想いを歌う

2012年2月6日 20:15

風見しんご「ゆるら」

風見しんごが、デビュー30周年記念として、27年ぶりにニューシングル「ゆるら」をリリースする。作詞、風見しんご。プロデュースは秋元 康が担当している。

あの痛ましい事故から早や5年。交通安全運動などの活動を積極的に行い、愛娘を失った大きな悲しみと闘ってきた風見しんごが、今回CDをリリースするにあたり、真っ正面から向かい合って歌詞のテーマとしたのが「涙を乗り越えて、前を向いて歩くこと」だった。

偶然がいくつも重なる。風見の歌詞に曲がついて、彼の手元に届いたのが、あの事故の日の丁度5年後だった。そして、ヴォーカル・レコーディングの日が告別式と同じ日、同じ時刻。5年前と同じ様に雪が降っていた。何もしらずに日程を組んだレコーディングスタッフ達は、当日マネージャーからその事を知らされ、ただ驚くばかりであった。

CDジャケットの裏面に使われている写真は、風見しんごが娘とよく遊んだ公園で撮影された。これも、カメラマンさんからの提案で偶然だった。ただ、その手には「娘が編んでくれたマフラー」が握られていた。

「大切な人をなくした全ての人たちが、前を向いて歩いて行けるように」風見しんごが、27年ぶりに唄う。


【リリース情報】
2012年2月22日発売
風見しんご ニューシングル「ゆるら」
1. ゆるら (作詞:風見しんご 作曲・編曲:野中”まさ”雄一)
2. 今さらFall in love (作詞:秋元 康 作曲:ヒザシ 編曲:野中”まさ”雄一)
3. ゆるら(オリジナル・カラオケ)
4. 今さらFall in love(オリジナル・カラオケ)
FLCF-7184 / ¥1,000 (tax in)
Total Information / FOR LIFE MUSIC ENERTAINMENT,INC.]]>


feed/label/Lenny_Kravitz.xml_self5