『未来は音楽が連れてくる』〜日本が気づかないソーシャルミュージックの大席巻

連載第20回 取り残される日本 Spotifyのジャパン・パッシングはなぜ起きたか


■取り残される日本 Spotifyのジャパン・パッシング

連載第20回 取り残される日本 Spotifyのジャパン・パッシングはなぜ起きたか
▲Spotifyで聴ける日本の音楽(2012年8月現在)。L'Arc〜en〜Ciel、X Japan、Hyde、Dir En Grey、Puffy Ami Yumi、Utadaなど欧米で流通している日本のミュージシャンとアニソンは聴けるようだ

「それでSpotifyは日本にいつ来るの?」

音楽ファンがいちばん知りたい話はこれだろう。結論からいうと向こう1〜2年は厳しいが、洋楽限定ならあるかもしれない、という感じだ。日本の特殊事情を挙げれば切りが無いし、オフレコ話も多いので、筆者の到達した最重要事項に絞って話そう。

Spotifyが日本に入って来られない最大の理由は、Spotifyの株主である四大メジャーの影響力が、日本では低いからだ。

海外では7割の占有率を誇る四大メジャーも、日本では36%ぐらいシェアを持ってない。さらに四大メジャーの一角が、親会社や子会社等の諸事情で、日本に限っては公然とSpotifyを推進しにくい立場にあるようだ。
(※ 2010年度オリコン調べ http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/78203/full/ )

話をかんたんにすると、欧米諸国では4人に話をつければSpotifyはできる。しかもその4人はSpotifyの株主であり、身内のようなものだ。

だが、日本になると4人の影響力が下がり、1人に事情が出来てしまう。その上、Merlinのようなドメスティックメジャーの取り纏め役もいないので、同意をいただくべき方々が片手で数えられないほどに増える。

結果、起こっているのがSpotifyのジャパン・パッシングだ。

2011年の末、Spotifyのホームページに、Spotifyのない国の人材募集が掲載された。アジア太平洋地域では、香港、シンガポール、そしてオーストラリアのシドニーでリクルーティングが始まったが、東京の名前は無かった。半年後、オーストラリアとニュージーランドでSpotifyはサービスインしたが、シンガポールや香港も時間の問題だろう。

アジア太平洋地域でエックがいま最も力を注いでいるのが中国だ。

「中国には2010年時点で3.8億人のネットユーザーがいます。そして中国では音楽が一番ネットで人気があります」

レコード産業のこれからについて質問を受けたエックは、開口一番、そう答えた(※)。
(※ http://www.quora.com/How-will-music-labels-make-money-if-at-all-over-the-next-five-years/answer/Daniel-Ek )

JETROでも同様の調査結果が出ている(※1)。中国のインターネット広告売上は、2012年には日本を超える規模になると予測されている(※2)。
(※1 http://www.musicman-net.com/SPPJ01/20-2.html )
(※2 http://www.emarketer.com/Article.aspx?R=1008537 )


中国でも『アメとムチ』路線はすでに始まろうとしている。

中国の検索エンジン、バイドゥ(Baidu)はMP3検索で人気を集め、ついにはGoogleに勝利したが、当然ながらメジャーレーベルから告訴を受けていた。2011年1月、メジャーレーベルとバイドゥの画期的な合意を、北京市高級人民法院が承認した。

中国にはワンストップ社という、ユニヴァーサル、ワーナー、ソニーミュージックの楽曲を一括で管理するエージェントがある。このワンストップ社の楽曲を使って、バイドゥがフリーミアム配信を行うことを承認したのである。これを受け、バイドゥは広告ベースの音楽配信サイトBaidu Ting!(バイドゥ・ティン!)を2011年5月に公開した(※)。
(※ http://www.nytimes.com/2011/07/19/technology/baidu-chinas-search-giant-announces-music-licensing-deal.html?_r=1&adxnnl=1&pagewanted=all&adxnnlx=1345806119-P17ZH3XD9RsAck46cHGDBA )

Baidu Ting!のサービスの洗練度は低いが、重要なのはBaidu Ting!そのものではない。「メジャーレーベルの楽曲をストリーミングしたら中国の企業は、タダで配信したってちゃんと楽曲使用料を支払いなさいよ」と、北京市高級人民法院のお墨付きが出たのが画期的なのだ。

中国では、ストリーミング音楽配信に必須の広告市場が整い、法的整備も着手された。

エックは中国で強力な人材を確保した。Googleチャイナの最高責任者だったダン・ブロディを、Spotifyのアジア太平洋・最高責任者に抜擢したのだ。イギリス進出の段階で、香港最大の財閥、長江実業を率いる李嘉誠(Li Ka-Shing)から戦略的に出資を受け入れており、「人間関係が最も重要」と言われる中国ビジネス攻略に向け、着々と手を打ちつつある。

連載第20回 取り残される日本 Spotifyのジャパン・パッシングはなぜ起きたか
出典:Facebook Coca-Cola Festival Tour

コカコーラとSpotifyが戦略的パートナーシップを結んだ話を紹介したが(連載第15回)、実はこれも中国を中心としたアジア進出の布石だ。コカコーラ社は2020年までに売上倍増という野心的な計画を持っている。人類の10代の三分の一に、音楽を使ってコカコーラをブランディングする戦略だ。人類の10代の三分の一にリーチするにあたり、コカコーラ社が選択した国は、アメリカ、インド、インドネシア、ナイジェリア、パキスタン、そして中国だ。

コカコーラ社とパートナーを組んで上記の国へ進出することをエックは想定したのである(※)。残念ながら日本の10代は構成に入ってないようだ。
(※ http://adage.com/article/digital/coca-cola-spotify-partner-global-deal/234173/ )


特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第69回 有望市場でなくなったライブと音楽配信。 天才ディズニーの事例が示す「次の大物」へのヒント〜スティーブ・ジョブズ(21) <7/19 更新!>

【後半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦
【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン【後半】インターネットの恩恵を受けたアーテ…

【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン
2015年に世界の音楽産業で史上初めてデジタルの売上がフィジカルを上回り、ライブ市場が急拡大するなど…

「ヒット」を再定義して音楽の未来を描く『ヒットの崩壊』著者 柴 那典氏インタビュー
音楽ジャーナリスト・柴那典氏による著書『ヒットの崩壊』が発売された。CD時代の終焉が迫り、オリコンラ…

独立系レーベルの楽曲をメジャーと同等の条件で世界に配信 デジタル・ライツ・エージェンシー「マーリン」インタビュー
世界中の独立系レーベルのデジタル権利を支援する団体マーリンの日本オフィスであるマーリンジャパン…

「歌詞を味わう」体験をアップデートする 〜歌詞が浮き出る革新的スピーカー『Lyric speaker』インタビュー
音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカー『Lyric speaker』が各所から注目を集めて…

「音楽オタク」としてファンの望む音楽映像を届け続ける WOWOW 取締役コンテンツ本部長 山下浩志郎氏インタビュー
開局当初よりビックアーティストからマニアックなアーティストまで、硬軟入り交じった番組プログラムで、音…

【後半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー スタジオ・ミュージシャンの生演奏の素晴らしさを伝えたい 梶田昌史
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

【前半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー「熱い音楽をどうやって作っていくか」川瀬泰雄×吉田格
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

日本人として世界で戦うハイブリット企業 ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談
STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム…

世界のトップ・アーティストが指名するマスタリング・エンジニア ー メトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスに会ってきた
過去25年間におよぶマスタリング・エンジニアとしての経験とノウハウを持って、無名の新人からトップ・ア…

【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田…

過去最大規模の650社が出展「第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO」「第4回 イベント総合 EXPO」今年の見所は 過去最大規模の650社が出展「第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO」「第4回 イベント総合 EXPO」今年の見所は
イベントに関する演出機材やグッズ、各種サービスが一堂に集まる日本最大級の見本市「第4回 ライブ・エン…

1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」 1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」
楽天が2016年8月に提供を開始した定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」。サービス開…

「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース 「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース
誰でも簡単にグループ・イベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリ「ピーテ…

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大 利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大
CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに…

インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー
2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」が11月に1,000万ダウンロードを…

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催 日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催
ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MU…

【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」 【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
10月24日〜26日にかけて開催された、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東…

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催 新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催
ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016…

【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー 【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー
8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモ…

多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催 多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催
日本音楽の海外進出を目的とした「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」が1…

ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性 ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性
IT、デジタル化の波は、音楽、エンターテイメントにも訪れている。新しい時代に対応した人材を育成するこ…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像