『未来は音楽が連れてくる』〜日本が気づかないソーシャルミュージックの大席巻

連載第14回 Spotifyに学ぶフリーミアムモデルの公式


■Spotifyラジオのメリット3 フリーミアムモデルの改善

Spotify Radio
▲Spotify Radio。Spotifyはスマホでは有料限定だったが、Spotify Radioを無料公開した。ライバルのPandora Radioは、アメリカのiPhoneアプリの利用頻度ランキングで、Facebookに次ぐ2位をつけており(Apple製・Google製を除く※)、TwitterやYoutubeより使われている
画像の出典:guardian.co.uk
(※ http://www.nielsen.com/us/en/insights/top10s/mobile.html )


イギリス上陸時、エックは、

「Spotifyの平均利用時間は、72分/日です(※1)」

と述べたことがある。Youtubeが平均10分/日であることと比較すると上出来であるが(※1)、アクティブユーザー数で見ると、音楽プレイヤー型のSpotifyは、ラジオ型メディアのPandora Radioに大きな差をつけられている。
(※1 http://www.comscore.com/Press_Events/Press_Releases/2011/6/comScore_Releases_May_2011_U.S._Online_Video_Rankings )

そして、アクティブユーザー数と聴取時間の積は、ソーシャルミュージック・メディアの広告売上と直結している。

Pandora Radioはアメリカ限定のサービス(2012年7月1日時点)なので、アメリカに限定して比較しておこう。Spotifyのアメリカの月間アクティブユーザーは300万人(※1)だが、Pandora Radioは5000万人を超える(※2)。Spotifyはアメリカ上陸して日が浅いことを考慮する必要がある。が、Spotifyの全世界のアクティブユーザー数をもってしても、Pandora Radioの3分の1にも満たない。
(※1 http://www.digitalmusicnews.com/permalink/2012/120404spotify )
(※2 http://www.sitetrail.com/2012/06/22/pandora-hits-53.3-million-users/ )


インターネット・メディアの普及以前も、人類は、音楽放送で音楽を聴く時間の方が、レコードやCDで音楽を聴く時間よりずっと多かった。これが音楽放送の進化形であるPandora Radioと、CDプレイヤーの進化形であるSpotifyとの間にも成立してしまったのだ。

Spotifyは、Pandora Radioと比べるとなぜ利用者数・利用頻度で遠く及ばないのか、真剣に対策する必要があった。答えはシンプルだった。SpotifyラジオをPandora Radio並に「使えるラジオ」に改良すればよかったのだ。

Spotifyラジオが期待通り機能してくれれば、Spotifyのビジネスモデルとなっているフリーミアムモデルを、大幅に改善することができる。ここでフリーミアムモデルの公式をおさらいしておこう。

<フリーミアムモデルの公式1>

有料メンバーの最大化=無料メンバーの最大化 × コンヴァージョンレートの最大化

Spotifyは毎月10時間までどんな音楽も聴き放題にすることで、無料メンバーを最大化し、次にスマートフォンとユーザビリティをフックにコンヴァージョンレートを最大化している。ここまでは、すでに説明したとおりである。今回の『Spotifyラジオ』戦略を理解するには、もうひとつの公式が有用だ。

<フリーミアムモデルの公式2>

売上の最大化=無料メンバーの最大化 × 広告単価の最大化 +有料メンバーの最大化
      =無料メンバーの最大化 × (広告単価の最大化 + コンヴァージョンレートの最大化)

2行目に注目して欲しい。右辺の3項目のうち、ふたつがフリーメディアにかかわるもの、音楽放送的なものだ。

Spotifyはこれまで、『天国のジュークボックス(Celestial Jukebox)』と評されてきた。『Pandora Radioの章』でラジオとレコード産業の歴史を振り返ったが、レコードの登場のあと、ジュークボックスがパイロットメディアとなってレコードショップが成立。その後、ラジオの登場でいったんレコードショップは壊滅状態に置かれるが、フリーメディアのラジオで新しい音楽を知ってもらい、レコードを買ってもらう、という黄金パターンが社会的に出来上がり、レコード産業は黄金時代を迎えることになった。これは社会全体で、音楽のフリーミアムモデルが完成した、ということもできる。

ここで現代のジュークボックス、Spotifyがラジオの役割も果たしたらどうなるか。

Spotifyのフリーミアムモデルは、一企業のビジネス戦略を超えて、社会的な規模のフリーミアムモデルも果たすことになる。その結果、Spotifyは、『毎月10時間まで聴き放題』というフックに加え、音楽放送という、さらに大きな窓口、顧客流入チャネルを手にすることになる。

つまり、上記の公式でいう『無料メンバーの最大化』が、さらにレベルアップして起こる。

無料メンバーが最大化すれば、音楽メディアとしての価値が上がり、もうひとつの項目、『広告単価の最大化』も起こる、というわけだ。『Spotifyラジオ』アプリ一本で、そこまでのことが起こるのだ。

実際、ビジネスの世界にインパクトがあった。Facebookとの協業、プラットフォーム化、そしてSpotifyラジオのリニューアルは、株式市場に影響した。Spotifyは上場していないので、上場しているPandora Radioの株価にマイナスの影響が出るという、Pandora Radioにとってやや理不尽な事態となった。

Pandora RadioのCEOジョー・ケネディは、この市場評価にこう反論した。

「Spotify上陸以降も順調にレーティングは伸びています。現在、パンドラのレーティングは4.3%。去年の2.1%の倍に成長しました(※)」
(※ http://articles.businessinsider.com/2011-11-30/tech/30457932_1_spotify-radio-space-cars )

Pandora Radioの聴取率はこのインタビュー後も急成長を続け、Spotify音楽アプリとSpotiryラジオの登場した半年後の2012年6月現在、レーティングは全米で6%に到達した(※)。1万以上のラジオ局があるアメリカで、全国でレーティング6%という数字は圧倒的だ。接触時間に直すと、完全に音楽放送の帝王だったMTVを超えている。
(※ Pandora Radioの章を参照 http://radioworld.com/article/pandora-claims-nearly--of-total-us-radio-listening/214337 )

インタビューに戻ろう。

「Spotifyラジオが人気を得たらどうするのですか?」ビジネスインサイダー誌の核心を突く質問に対し、ケネディCEOは、「12年かけて開発したミュージック・ゲノム・プロジェクト(Music Genom Project)があります(※)」
(※ http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/g/a/2011/11/30/businessinsiderhow-pandora-will-tak.DTL )

と答えた。これは正しい。確かに、エコーネストの努力によってSpotify・ラジオの選曲力は飛躍的に上昇した。だが、公平に見れば、というか、公平に聴けば、Pandora Radioの発見能力と比較するといまでも見劣り(聴き劣り?)するからだ。この差は先に紹介した、この一年でPandora Radioの再生曲数1661億回に対し、Spotifyの再生曲数は130億回だった、という数字も傍証となっているだろう。

結局、筆者のようにPandora Radioで新しいお気に入り曲を発見して、Spotifyでそのアーティストを深掘りしてみる、という利用者は少なくないのではないだろうか。この流れをSpotifyは、じぶんの中で創り上げようと努力しているのはであるが。

現状、音楽メディアとしては、SpotifyはPandora Radioにとうてい及ばない。メディアパワーとしては10分の1ぐらいだ。ただし、数年後の話となるとわからない。エコーネストのレコメンデーション・エンジンの改善がこのまま進めば、Pandora Radioに追いつくかもしれないからだ。その意味ではPandora Media社の株価下落は全くの見当外れとまではいかないだろう。


特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第69回 有望市場でなくなったライブと音楽配信。 天才ディズニーの事例が示す「次の大物」へのヒント〜スティーブ・ジョブズ(21) <7/19 更新!>

【後半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦
【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン【後半】インターネットの恩恵を受けたアーテ…

【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン
2015年に世界の音楽産業で史上初めてデジタルの売上がフィジカルを上回り、ライブ市場が急拡大するなど…

「ヒット」を再定義して音楽の未来を描く『ヒットの崩壊』著者 柴 那典氏インタビュー
音楽ジャーナリスト・柴那典氏による著書『ヒットの崩壊』が発売された。CD時代の終焉が迫り、オリコンラ…

独立系レーベルの楽曲をメジャーと同等の条件で世界に配信 デジタル・ライツ・エージェンシー「マーリン」インタビュー
世界中の独立系レーベルのデジタル権利を支援する団体マーリンの日本オフィスであるマーリンジャパン…

「歌詞を味わう」体験をアップデートする 〜歌詞が浮き出る革新的スピーカー『Lyric speaker』インタビュー
音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカー『Lyric speaker』が各所から注目を集めて…

「音楽オタク」としてファンの望む音楽映像を届け続ける WOWOW 取締役コンテンツ本部長 山下浩志郎氏インタビュー
開局当初よりビックアーティストからマニアックなアーティストまで、硬軟入り交じった番組プログラムで、音…

【後半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー スタジオ・ミュージシャンの生演奏の素晴らしさを伝えたい 梶田昌史
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

【前半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー「熱い音楽をどうやって作っていくか」川瀬泰雄×吉田格
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

日本人として世界で戦うハイブリット企業 ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談
STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム…

世界のトップ・アーティストが指名するマスタリング・エンジニア ー メトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスに会ってきた
過去25年間におよぶマスタリング・エンジニアとしての経験とノウハウを持って、無名の新人からトップ・ア…

【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田…

過去最大規模の650社が出展「第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO」「第4回 イベント総合 EXPO」今年の見所は 過去最大規模の650社が出展「第4回 ライブ・エンターテイメント EXPO」「第4回 イベント総合 EXPO」今年の見所は
イベントに関する演出機材やグッズ、各種サービスが一堂に集まる日本最大級の見本市「第4回 ライブ・エン…

1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」 1億人を超える楽天会員基盤を最大活用 〜 定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」
楽天が2016年8月に提供を開始した定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」。サービス開…

「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース 「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース
誰でも簡単にグループ・イベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリ「ピーテ…

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大 利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大
CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに…

インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー
2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」が11月に1,000万ダウンロードを…

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催 日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催
ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MU…

【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」 【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
10月24日〜26日にかけて開催された、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東…

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催 新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催
ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016…

【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー 【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー
8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモ…

多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催 多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催
日本音楽の海外進出を目的とした「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」が1…

ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性 ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性
IT、デジタル化の波は、音楽、エンターテイメントにも訪れている。新しい時代に対応した人材を育成するこ…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像