『未来は音楽が連れてくる』〜日本が気づかないソーシャルミュージックの大席巻

連載第11回 Spotify、iTunesの本拠地アメリカに上陸 成功へ


■Spotify、1年押しでアメリカに上陸

ナップスターの創業者ショーン・パーカー
▲Spotifyに出資し、取締役に就任したナップスターの創業者ショーン・パーカー(右)。かつて夢見たフリーミアム・ミュージックの世界を実現したSpotifyに入れ込み、アメリカ上陸に奔走。Googleが交渉に失敗したタフなワーナーミュージック本社と契約を成立させた
出典:flickr ( Some Rights Resereved by LeWEB12 )


実は、2010年にアメリカ進出、というのが元々の予定だった。だが、1年以上も手間取る事態が起こった。メジャーレーベルとの交渉である。

読者は疑問に思うかもしれない。「SpotifyがヨーロッパでiTunesを超える収益源になりつつあったし、Spotifyの株主にもなったじゃないか。この期に及んで何を拒むことがあるのか」と。

答えはアメリカは日本と並び、最後のCDの砦だからだ。

スウェーデン、イギリスなどヨーロッパでエックの予言通りにファクトが積み上がった今、メジャーレーベルもエックのロジック自体を否定するつもりはなかったろう。彼らは、巷間でいわれるほど固陋ではない。この時期、次世代音楽テレビのVEVO(第5章)を立ち上げて軌道に乗せ、Spotifyに積極的に楽曲の使用許諾を卸し、株主にもなったほど現状認識は冴えている。

だがヨーロッパでフリーミアムモデルの音楽配信を認めるのと、アメリカで認めるのでは感情的な意味合いが全く違った。前者が、CDと並ぶ収益源の多角化であるのに対し、後者は「CDの時代はやがて終わる」ことを認めるくらいの心理的な抵抗があったのではないか。

心理的な問題はもうひとつあった。

「インターネットの登場で半分になったCDの売上を、Spotifyの儲けは埋めてくれるのか」

という無茶な願望である。Spotifyの株主となったメジャーレーベルは、Spotifyの赤字にとにかくネガティブだった。レーベルに対して挑発的な批判を決して言わないエックも、これにはさすがにげんなりしたようだ。

「iTunesでさえ最初の1年は30%の赤字でした。このビジネスは一朝一夕で大成功するたぐいのものではありません。メジャーレーベルのみなさんは、『一晩たったら大儲け』というビジネスに慣れすぎているようです(※)」
(※ http://www.guardian.co.uk/technology/2009/oct/14/mog-streaming )

と苦笑混じりに、ガーディアン紙に話している。

エックは引き続き、ロンドンとニューヨークを飛び交う機上の生活を続けていた。

アメリカ進出を果たさなければ、Spotifyが、ファイル共有に替わるデファクトスタンダードになることはない。「音楽のエコシステムを再構築する」という創業の志も、叶わない。

Spotify USAの社長には、メジャーレーベルのEMIで上級副社長を務めた後、Spotifyのコンテンツ調達の最高責任者(Chief Contents Officer)となったケネス・パークスを起用した(※)。
(※ http://www.billboard.biz/bbbiz/industry/digital-and-mobile/spotify-staffing-up-for-u-s-launch-who-s-1005053992.story )

2011年4月。Spotifyは交換条件を使って、アメリカ進出に必要な楽曲使用を、メジャーレーベルと契約・成立させた。

Spotifyが、アメリカ進出のために出した交換条件は、『無料サービスの縮小』だった。これまで「月20時間まで聴き放題」だったが半分の10時間までになった。加えて、これまではシングルを買ったのと同じように、同じ曲を何度でも再生できたのを、5回までに制限した。そして、MP3のダウンロード販売を平行して始めることになった。

Spotifyのメジャーに対する譲歩に怒る欧州の音楽ファンは少なくなかった。

「がっかりだ。さよならSpotify。また海賊にもどるよ」

公式ブログの発表記事についた最初のコメントである。違法ダウンローダーを合法の牧場に囲いこんだSpotifyの性質がよく表れているエピソードだ(※)。
(※ http://www.guardian.co.uk/technology/2011/apr/14/spotify-free-music-streaming )

この大幅制限で離れたユーザー数は100万人だったが、50万人以上ものユーザーが有料会員にコンヴァートした(※)。前月にようやく100万人の有料会員を達成したことを考えると、ここでいきなりの+50%増だ。メジャーと交わした取引条件は、結果的には、Spotifyに大躍進をもたらした。
(※ http://www.guardian.co.uk/technology/2011/aug/28/spotify-on-track-first-profit )

2011年の7月。Pandora Radioが27億8000万ドル(約2,240億円)の初値をつけてIPOし、市場が第二次ITブームで沸き立つ中、Spotifyが遂にアメリカに上陸した。このアメリカ上陸には、映画『ソーシャルネットワーク』でジャスティン・ティンバーレイクが演じたナップスターの創業者、ショーン・パーカーが一役買った。

パーカーは、ナップスターの合法化で究極の音楽サービスを目指したが裁判に負け、挫折した。しかし、その後も彼の理想の後継者にふさわしい新しい音楽配信サービスを探していた。パーカーは、2009年にSpotifyを知るや、直ぐにエックとコンタクトを取り、1500万ドル(約12億円 2010/10/21 81.41¥/$)を出資。取締役についた(※)。
(※ http://techcrunch.com/2010/02/23/sources-spotify-takes-investment-from-sean-parker-at-founders-fund/ )


特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第68回 ジョブズの師、知野弘文〜スティーブ・ジョブズ(20) <4/19 更新!>

【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン
2015年に世界の音楽産業で史上初めてデジタルの売上がフィジカルを上回り、ライブ市場が急拡大するなど…

「ヒット」を再定義して音楽の未来を描く『ヒットの崩壊』著者 柴 那典氏インタビュー
音楽ジャーナリスト・柴那典氏による著書『ヒットの崩壊』が発売された。CD時代の終焉が迫り、オリコンラ…

独立系レーベルの楽曲をメジャーと同等の条件で世界に配信 デジタル・ライツ・エージェンシー「マーリン」インタビュー
世界中の独立系レーベルのデジタル権利を支援する団体マーリンの日本オフィスであるマーリンジャパン…

「歌詞を味わう」体験をアップデートする 〜歌詞が浮き出る革新的スピーカー『Lyric speaker』インタビュー
音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカー『Lyric speaker』が各所から注目を集めて…

「音楽オタク」としてファンの望む音楽映像を届け続ける WOWOW 取締役コンテンツ本部長 山下浩志郎氏インタビュー
開局当初よりビックアーティストからマニアックなアーティストまで、硬軟入り交じった番組プログラムで、音…

【後半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー スタジオ・ミュージシャンの生演奏の素晴らしさを伝えたい 梶田昌史
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

【前半】『ニッポンの編曲家』出版記念インタビュー「熱い音楽をどうやって作っていくか」川瀬泰雄×吉田格
70〜80年代の活気に満ち溢れたレコーディング・スタジオで音と格闘を続けていた編曲家に焦点を絞り、た…

日本人として世界で戦うハイブリット企業 ディグズ・グループ 代表取締役 工藤与明 × 音楽プロデューサー 今井大介 対談
STY(エス・ティ・ワイ)、HIROを筆頭に次世代クリエイターが数多く所属するクリエイティブ・チーム…

世界のトップ・アーティストが指名するマスタリング・エンジニア ー メトロポリス・スタジオのスチュアート・ホークスに会ってきた
過去25年間におよぶマスタリング・エンジニアとしての経験とノウハウを持って、無名の新人からトップ・ア…

【後半】新たな音楽&才能との出会いは一種の“麻薬”である
モダンフォークカルテット、ソロとアーティスト活動を通じて、60年代後半のアメリカを“実体験”した麻田…

「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース 「More than a ticket」を標榜し世界へアプローチするPeatix 〜ピーティックスがチケット再販機能をリリース
誰でも簡単にグループ・イベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリ「ピーテ…

利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大 利用者の約7割が「CD / DVDを購入するきっかけになる」と回答 パッケージの価値を高める「プレイパス」サービスが拡大
CDやDVD/ Blu-ray Discに封入されているパスコードを入力することで、リッピングなしに…

インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー インターネットテレビの視聴“体験”を“習慣”に変える AbemaTV 編成制作局長 藤井琢倫氏 インタビュー
2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」が11月に1,000万ダウンロードを…

日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催 日本初!ダンス・ミュージックの国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MUSIC EVENT」開催
ダンス・ミュージックに焦点をあてた日本初の国際カンファレンス&イベント「TOKYO DANCE MU…

【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」 【13th TIMM】BABYMETAL、スカパラ・・・日本人アーティスト海外公演の舞台裏を語る「キー・プレーヤー:ザ・ブッキング・エージェント」
10月24日〜26日にかけて開催された、日本音楽の海外進出を目的とした国際音楽マーケット「第13回東…

新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催 新しい時代を鳴らす楽器クリエイターを輩出したい オリジナル楽器のコンテスト「THE 楽器 DE SHOW!?」が開催
ソニーミュージックによるエンタテインメントの学びの祭典「SONIC ACADEMY FES 2016…

【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー 【チケット不正転売問題】「コンサート文化について考え直す岐路に立たされている」 — ACPC会長/ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏インタビュー
8月23日、日本音楽制作者連盟(以下、音制連)、日本音楽事業者協会(以下、音事協)、コンサートプロモ…

多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催 多彩なビジネスセミナーで海外進出の糸口をつかむ 「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」10月24日より開催
日本音楽の海外進出を目的とした「第13回 東京国際ミュージックマーケット(13th TIMM)」が1…

ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性 ニューミドルマン座談会「ナイトエンターテイメント」と「フェス」、注目シーンの最先端から見た、新時代音楽ビジネスの可能性
IT、デジタル化の波は、音楽、エンターテイメントにも訪れている。新しい時代に対応した人材を育成するこ…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像