『未来は音楽が連れてくる』〜日本が気づかないソーシャルミュージックの大席巻

連載第02回 Spotifyの魅力 まとめ(続)


■ Spotifyの魅力2 「違法ダウンローダーも飛びつく便利さ」

国際レコード産業連盟(IFPI)発行・デジタルミュージックレポートの表紙
http://www.ifpi.org/content/library/DMR2012.pdf
▲国際レコード産業連盟(IFPI)発行・デジタルミュージックレポートの表紙。世界にソーシャルミュージックメディアが席巻している様を表現している


 Spotifyが成功した理由の二つ目は、「違法ダウンロードよりもはるかに便利」だったからだ。

「違法ダウンロードよりもずっと便利なサービスをつくる。そして、違法ダウンロードをしている層をすべてSpotifyの牧場に囲い込む」

 創業したときにエックが期したビジネス・アイデアはこれだった。これはマーケティング的にも正しい。Apple(アップル)のiTunesは違法ダウンロード問題をどれだけ解決したかというと、実は、ほとんど解決できなかったからだ。

 海外の音楽業界ニュースでよく引用される数字がある。「合法ダウンロードはたった5%」という数字だ。IFPI(国際レコード産業連盟)によると、2008年に全世界でダウンロードされた音楽ファイルのうち、合法的なダウンロードはたった5%しかなかったことがBBCで報道された(※)。
(※ http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/7832396.stm)

 iTunesは音楽ダウンロード販売においてシェア70%を超える圧倒的な強さを誇るが(※)、5%のうちの70%、すなわち3.5%しかカヴァーできていないおらず、95%の楽曲はいまでも違法にダウンロードされている。
(※ http://www.computerworld.com/s/article/9177395/Apple_controls_70_of_U.S._music_download_biz)

 Google Play MusicやAmazon MP3のように、Appleが残してくれた1.5%を狙いに行ったのではない。エックは未開墾の荒れ地だった95%の方を狙いに行った。

「世間は『合法サービスの拡充が音楽業界、再生の鍵』という。だけど、iTunesでさえ大した効果が無かったことを世間は知らないんだ。ファイル共有は、無料でどんな曲もダウンロードし放題だ。これにかなう合法サービスなんてありうるのか」

 IFPIの数字が発表されたとき、音楽業界ではため息混じりでこんなことが囁かれていたろう。

 音楽のダウンロード販売とは別の何かがいる。「頭が古い」「既得権益」と(やや無責任に)揶揄されることの多いメジャーレーベルだが、少なくとも上層部では『ポスト・iTunes』の必要性がはっきり認識されていたようだ。

 というのは、「音楽ファイル、ダウンロード不要」の新しい技術を、ダニエル・エックがメジャーレーベル各社のスウェーデン法人に持ち込むと、楽曲使用の許可をほとんど即座に(といっても2年近くかかったが)卸したからだ。

 違法ファイルのダウンロードの問題を、ありがちな法的・倫理的観点ではなく、技術的な観点で見てみると、別の課題が浮かび上がってくる。

 これまでの、ファイルにDRM(複製を禁止する技術)をかけて違法ファイルを防ぐ方法は、全く役に立たなかった。違法ファイルの出元がDRMの無いCDからのリッピングなのだから当然である。技術的な視点からすると、違法ファイルのダウンロードを減らすには、パッケージはおろかダウンロードの必要も無くすサービスを普及させればよい、ということになる。

 エックの持ち込んだ技術は、楽曲ファイルを全くダウンロードせずに、iTunesのように快適なプレイを実現するものだった。音楽をダウンロード無しに聴かせる技術を「ストリーミング」というのだが、これまでのストリーミング技術だとプレイボタンを押してから数秒、再生を待たなくてはならかった。これが「音楽はダウンロードするもの」というネット時代の常識を創り上げた、技術的な根拠のひとつとなっている。

 エックはμTorrent(ミュートレント)という、ファイル共有では定番となっているソフトの開発に参加し、手腕を買われてCEOをやっていたことがある(※)。このノウハウがストリーミングの技術革新につながった。
(※ http://www.48sessions.com/speakers/daniel-ek/1202.html)

 ピア・ツー・ピアの技術はファイル共有だけに限ったものではない。インターネット電話の世界的スタンダード、Skype(スカイプ)も、ピア・ツー・ピアを技術的バックボーンにしている。Skypeは、モバイル戦略にてこ入れを図るマイクロソフトが最近、85億ドル(約6,900億円。2011年5月11日 80.92ドル/円換算)で買収した。

 エックはSkypeと同じように、ピア・ツー・ピアの技術を、ファイル共有以外のジャンルに応用した。そして、ストリーミングでも全くバッファー(再生の遅延)なく音楽を再生できる技術革新を起こした。

「これならダウンロードしなくてもいいじゃないか」

 レーベルは、エックのデモンストレーションを見て態度を軟化させたという。

 エックの主張はこのSpotifyの技術を使って、無料のサービスと、通常の定額制を組み合わせた『フリーミアム・モデル』を展開することだった。ダウンロードの楽曲利用料というものは安くない。広告ベースでダウンロード型の無料配信は、無理だった。だがインターネット・ラジオと同じタイプであるストリーミング配信なら違う。広告モデルの成り立つインターネットラジオに近い楽曲使用料で音楽を流せる。だから、広告モデルも成り立ちうる。

 CDの売上が激減し、デジタルダウンロード売上や、ライブの売上、グッズ売上などあらゆるビジネスで収益を高める『360度のビジネスモデル』を標榜するようになったメジャーレーベルも、これにピンと来たようだ。

 この技術でフリーミアムモデルを本当に展開できるなら、無料部分から広告売上を、そして定額制の部分からサブスクリプション売上を、レーベルはSpotify経由で手にすることが出来るようになるからだ。

 無料のストリーミングで、iTunesのダウンロードをしのぐ便利さを提供する。しかも、どんな曲も聴けるようにする。

 これなら、いちいち違法ファイルの検索を繰り返して、時間をかけてダウンロードするファイル共有やアップローダーなどよりも、ずっと便利だ。この便利さを武器に、違法ダウンロード・ユーザーを囲い込む。そこから広告売上とサブスクリプション売上をあげればよいのだ。

 母国スウェーデンで起業したことも功を奏した。

 スウェーデンの人口は1000万人にも満たない。だが、70年代のアバ、80年代のヨーロッパ、90年代のエイスオブベース、メイヤ、ロクセットなどなど、スウェディッシュ・ポップスを世界に輩出する音楽の国でもある。つまり、テスト・マーケティングに最適だった。

 レーベルサイドはエックの「違法ダウンローダーを囲い込む」見立てに同意していたが、Spotifyのフリーミアムモデルが本当に機能するのか、そしてCDやダウンロード販売に対しカニバリズム(共食い)を起こさないかテストする必要があった。

 創業から2年後の2008年10月。Spotifyは、メジャーレーベルから楽曲の使用許諾を勝ち取って、サービスインした。まずFacebookで「無料で音楽聴き放題」へ招待するキャンペーンを張り、ユーサーを集めた。

 キャンペーンといってもわずかな口コミだけだ。エックはただの早熟な技術屋ではなかった。バーチャル人形の着せ替えで遊ぶソーシャルゲームの先駆け、Stardoll(※1)を、いち早くビジネスの軌道に載せた経験もある(※2)。25歳の若さで、ネット・マーケティングの機微を知っていたこともあった。だが、何といっても「月20時間まで無料で聴き放題」というフリーミアムモデルのインパクトが凄かった。
(※1 http://www.stardoll.com/ja/)
(※2 http://www.crunchbase.com/person/daniel-ek)

 キャンペーン費用には5,000ユーロ(約75万円 2008年10月1日149.9円換算)しかかけなかったが、わずか半年で、1日あたり数万人を集める新進気鋭のソーシャルミュージックに成長した。そして、あっという間に次のステップへ進む許諾をメジャーレーベルから得た。ヨーロッパ最大の音楽市場、イギリス進出である。この頃から、世界中の音楽業界で「iTunesキラーが登場したらしい」と噂されるようになった(※)。
(※ http://www.neowin.net/news/spotify-review-the-itunes-killer


「未来は音楽が連れてくる」電子書籍 第2巻
特別連載企画『未来は音楽が連れてくる』榎本幹朗氏 NEWマーク画像【音楽業界関係者必見!】
日本の音楽産業は鎖国状態?
世界の最新音楽ビジネスモデルを分析した特別連載特集。

連載第59回 スティーブ・ジョブズが世界の音楽産業にもたらしたもの(11)〜Spotifyが誕生するまで <2/3 更新!>

音楽という「ドキュメンタリー」を撮り続ける男 〜写真家・三浦憲治インタビュー
ロックカメラマンの草分けとして、洋楽黄金時代にキャリアをスタートさせた三浦憲治さんはレッド・ツェッペ…

世界中の人たちが口ずさむ“日本音楽”を届ける — 『J-MELO』チーフ・プロデューサー 原田悦志氏
日本の音楽を海外に紹介する音楽番組『J-MELO』が今年10月に10周年を迎えた。昨今「クールジャパ…

【後半】身体を突き動かす「格好良い音」を追い求めて 日本屈指のマスタリング / カッティング・エンジニア 小鐵 徹(JVCマスタリングセンター)インタビュー
「日本のマスタリングの父」と呼ばれ、72才の現在も日本屈指のマスタリング・エンジニア/カッティング・…

野生の本能で生きる獣・プロデューサー 西崎義展の功罪 「『宇宙戦艦ヤマト』をつくった男 西崎義展の狂気」発刊記念 牧村康正氏+山田哲久氏インタビュー
音楽のステージ制作プロデューサーとしてキャリアをスタートさせた西崎義展氏は、アニメ業界に歩を進め、『…

音楽・曲を作ることは「生きていること」そのもの — 音楽プロデューサー・作曲家 T-SK(ティー・エスケー)インタビュー
音楽クリエイターチーム「Future Unison」とパートナーを組み、海外作家とのコライトでグロー…

デジタル化が進めば進むほど際立つアナログレコードの魅力 11月3日「レコードの日」開催 東洋化成 代表取締役社長 萩原克治氏インタビュー
アジア圏で唯一といわれるレコードプレス工場を擁する東洋化成が声かけ役となり、多くのアーティスト、レコ…

グーグルの定額制音楽配信サービス「Google Play Music」日本でスタート、担当ディレクター サミ・ヴァルコネン氏インタビュー
グーグルの定額制音楽配信サービス「Google Play Music」が9月3日に日本でスタートした…

気軽に「洋楽」を聴ける環境を作りたい “『at武道館』をつくった男”野中規雄氏インタビュー
洋楽不況、洋楽離れと言われて久しい昨今、Apple Music、AWA、LINE MUSICなど新し…

音楽だけでは括れない「グローバルな感性を刺激するフェス」= ULTRA JAPAN の魅力とは — ULTRA JAPAN クリエイティブ・ディレクター 小橋賢児氏
初開催となった昨年に続き、2015年は9月19日から3日間にわたり規模も拡大し開催される「ULTRA…

起業家に転身したメジャーアーティスト、目指すは早期上場 — Jace代表 西川コウキ氏
メジャーデビュー2年目で武道館ワンマンを行い、その後の展開を期待されながらも2015年4月に解散した…

「ソニックアカデミーミュージックマスター」Web講座 CHOKKAKU氏 音楽業界の財産を多くの人たちに伝えていく 〜「ソニックアカデミーミュージックマスター」Web講座 CHOKKAKU氏インタビュー
2015年4月に開講した、ソニーミュージックによる本格的音楽制作セミナー「ソニックアカデミーミュージ…

「J-Music LAB」日本レコード協会 アーティストの海外進出の拠点を作る 〜 日本音楽の海外へのプロモーション事業「J-Music LAB」日本レコード協会 副会長 重村博文氏
一般社団法人 日本レコード協会による、日本音楽の海外へのプロモーション事業「J-Music LAB」…

プライム会員向け聴き放題、Amazon「Prime Music」日本でスタート プライム会員向け聴き放題、Amazon「Prime Music」日本でスタート
11月18日、Amazonのプライム会員向け新サービス、「Prime Music(プライムミュージック)」が国内でもスタートした…

株式会社レコチョク 執行役員 板橋徹氏 インタビュー 「dヒッツ」で幅広いユーザー層に音楽との出会いを提供 株式会社レコチョク 執行役員 板橋徹氏 インタビュー
2015年に入り続々と定額制音楽配信サービスがスタートし、CDやアラカルトダウンロードに次ぐ新たな…

音楽配信プラットフォームサービス「CI」 インタビュー 世界における “日本音楽の機会損失” を防ぎたい 音楽配信プラットフォームサービス「CI」の日本展開
ロンドンに本社を構えるCI社は、2002年にサービスをスタートし、現在はアジアを含む全大陸のクライア…

山口哲一氏 インタビュー 新時代の音楽ビジネスを担う人材を育成 第3期『ニューミドルマン養成講座』がスタート! 山口哲一氏 インタビュー
音楽プロデューサー、アーティストマネジメント業から活動領域を広げて、変動期の音楽ビジネスの枠組みそ…

ソニー・ミュージックエンタテインメント 代表取締役 CEO 水野道訓氏インタビュー ソニー・ミュージックエンタテインメント 代表取締役 CEO 水野道訓氏インタビュー
今年4月1日付でソニー・ミュージックエンタテインメント(以下、SME)の代表取締役 CEOに水野道訓…

アマゾン ジャパン株式会社 ゼネラルプロデューサー 山下浩一郎 プラットフォームの巨人、アマゾンが独自レーベルを手がける狙いとは アマゾンジャパン「Amazon Records」設立インタビュー
「地球上で最も豊富な品揃え」を企業理念として掲げるアマゾンが、音楽・映像レーベル「Amazon Re…

バザール12020701【居抜スタジオ】 プロユーススタジオ機材を大放出中!
新商品【居抜スタジオ】が出品されました!NEWマーク画像